2011年3月11日、宮城県北部の三陸沖を震源とする大地震が発生。気象庁によると、マグニチュードは国内観測史上最大の9.0を記録しました。この史上最大規模の大地震により、東日本の各地は沿岸部を中心に甚大な被害を受け、被災地での医療確保は大きな問題になっています。

 そこで日経メディカル オンラインでは、災害医療関連の情報を提供している学会や行政機関などのサイトのリンク集を作成いたしました。被災者の方々への適切な医療の提供に、少しでも役立てていただければ幸いです。

「災害医療関連コンテンツリンク集」



 また、被災地で医療支援に尽力した先生方のリポートや、震災関連の最新ニュースも多く掲載しております。

「東日本巨大地震関連記事リンク集」



 併せて、日経メディカル オンラインに寄せられた、被災地への支援の申し出や医療・保健情報、被災地で診療に当たる医療関係者の方々からの現状報告や支援の要請も紹介しています。

「被災地へのエール、現場からのメッセージ」



 地震の影響で、開催予定だった学会の中止・延期が相次いでいます。各学会の開催状況を編集部でまとめましたので、参加を予定されている方はぜひご確認ください。

「3月末までの学会開催予定の最新情報」


 どうぞご活用ください。