機能性ディスペプシア(FD)、過敏性腸症候群(IBS)に代表される機能性消化管障害(FGID)は、現代のストレス社会を反映して増加しており、現代病の一つとして注目されている。また、機能性消化管障害は生命を脅かすものではないが、患者のQOLを損なう疾患であり、QOLを重視した医療へとシフトしている現在、機能性消化管障害に関する正しい理解と診断・治療が求められている。

 そこで、このたびアボット ジャパン株式会社では、機能性消化管障害に関して、総合的に情報を提供するウェブサイトG.I.net(ジー・アイ・ネット)を開設した。消化管を専門とされる先生方、患者と最前線で接しているプライマリケアの先生方の診療に役立ててもらうことを目的としている。

 本サイトでは、機能性消化管障害に関する国内外の文献、学会レポート、座談会記事などをお届けする。

※詳しい内容をご覧いただくには会員登録が必要です。この機会にぜひご登録ください。
※本ウェブサイトで提供している情報は、日本国内の医療関係者を対象としたものであり、その確認のため、ウェブ会員登録の際には、個人情報のご登録をお願いしております。医療関係者以外の方のウェブ会員登録はお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。