朝日生命成人病研究所の高尾淑子氏

 日内変動のような短期的な血糖変動が2型糖尿病の重症者や高齢患者の死亡リスクを高めることはよく知られているが、長期的な血糖変動と死亡の関連についてはほとんど検討されていない。この点を追究した朝日生命成人病研究所高尾淑子氏らは、HbA1cの変動が全死亡の独立した危険因子であることを見いだし、12月4日から8日までドバイで開催された世界糖尿病会議(WDC2011)で発表した。

 本検討では、1995年から1996年に高尾氏らの施設を初めて受診した2型糖尿病患者のうち、4回以上のHbA1c測定記録がある患者831人を対象とした。登録時の平均年齢は54.5歳、糖尿病罹病期間は5.5年、BMIは23.5kg/m2、HbA1cの平均値は8.0%であった。

 同氏らは、これらの患者の2010年7月時点における生存状況を確認した上で、その時点までの全受診時のHbA1c値を抽出し、一人ひとりのHbA1c値の標準偏差(SD)を算出、血糖値、体重、血圧値、年齢、性別などの交絡因子を含めたCox多変量回帰分析を行い、全死亡との関連を検討した。

 追跡期間は0.5〜15.2年(平均9.8±5.0年、中央値11.7年)であり、その間に32人が死亡した。

 全死亡を目的変数としたCox多変量回帰分析を実施したところ、HbA1cの平均値と全死亡の間には有意な関連は認められなかったが、HbA1cのSD値と年齢が有意な危険因子として同定された。年齢10歳上昇に伴うハザード比(HR)は3.26(95%信頼区間:2.12-5.00、P<0.0001)、HbA1cのSD値の1%上昇に伴うHRは4.49(95%信頼区間:1.09-18.54、P=0.038)であった。

 また、HbA1cのSD値を目的変数とした多変量回帰分析では、HbA1c平均値と登録時のHbA1c、BMI平均値の各因子が独立した危険因子として同定されるとともに、糖尿病罹病期間と年齢が負の危険因子として同定された。すなわち、比較的罹病期間が短く、若年の患者の方がHbA1cの変動が大きくなる傾向が示唆された。

 続いて高尾氏らは、年齢の中央値(55.05歳)とHbA1cのSD値の中央値(0.584%)に基づき、(1)高年齢かつ高HbA1c SD群、(2)高年齢かつ低HbA1c SD群、(3)低年齢かつ高HbA1c SD群、(4)低年齢かつ低HbA1c SD群の4群について、Kaplan-Meier法で累積死亡率を比較した。

 結果として、(1)から(4)の各群でそれぞれ15件、11件、6件、0件の死亡の発生が認められた。高年齢かつ高HbA1c SD群における死亡のリスクは、低年齢かつ高HbA1c SD群の5.03倍(95%信頼区間:1.85-13.65、P=0.002)、高年齢かつ低HbA1c SD群の2.52倍(95%信頼区間:1.02-6.24、P=0.045)であった。また、高年齢かつ低HbA1c SD群の死亡リスクは、低年齢かつ高HbA1c SD群の3.58倍(95%信頼区間:1.13-11.29、P=0.030)であった。

 以上の検討から、死亡リスクの上昇をもたらす要因は、HbA1cの値自体ではなく、変動の大きさであることが示された。高尾氏らは、HbA1c変動の指標としてSDに加え、SDを平均値で除した変動係数を用いた場合も、結果は同様であることを確認している。

 今回の検討では、若年層でHbA1c変動が大きくなる傾向があることも示された。高尾氏は、「若年であっても、HbA1c値だけでなく、HbA1cの変動にも留意すべき」と指摘した。

(日経メディカル別冊編集)