aflibercept(VEGF Trap)を他剤治療歴のない転移を有する大腸癌患者にmFOLFOX6と併用で投与しても、12カ月時点の無増悪生存率(PFS12)はmFOLFOX6のみと比べて差がない可能性が示唆された。もともと比較検証するデザインでは無かったが、フェーズ2試験AFFIRMの結果示されたもの。6月27日から30日までバルセロナで開催された第14回世界消化器癌学会(WCGC2012)で、スペインHospital de SabadellのCharles Pericay氏によって発表された。

 afliberceptは、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)を標的とする融合蛋白質で、VEGF-AやVEGF-B、胎盤成長因子(P1GF)に、通常の受容体よりも強い親和性があるとされている。

 AFFIRM試験は、未治療の転移を有する大腸癌患者で臓器機能が十分なPS0-2の患者をafliberceptとmFOLFOX6を併用する群(aflibercept群)とmFOLFOX6のみの群(FOLFOX群)に無作為に1対1に割り付けた。aflibercept群には2週間おきにaflibercept 4mg/kgとmFOLFOX6レジメンの併用投与が行われ、FOLFOX群には2週間おきにmFOLFOX6レジメンが行われた。主要評価項目はPFS12、二次的目的はPFS、OS、RR、Safety、バイオマーカーの探索だった。

 2009年3月から2010年4月までに236人(年齢中央値62.5歳、男性61%、PS0-1が97.5%、術後補助療法を受けた患者が10.2%、肝転移のみの患者が28.4%)がaflibercept群(119人)とFOLFOX群(117人)に割り付けられた。患者背景は両群で差はなかった。

 試験の結果、PFS12はaflibercept群が25.8%(95%信頼区間:17.2-34.4)、FOLFOX群が21.2%(同:12.2-30.0)だった。PFS中央値はaflibercept群が8.48カ月(95%信頼区間:7.89-9.92)とFOLFOX群が8.77カ月(同:7.62-9.27)だった。奏効率はaflibercept群が49.1%(95%信頼区間:39.7-58.6)、FOLFOX群が45.9%(同:36.4-55.7)だった。全生存については、両群ともに死亡イベントが43%未満で成熟したデータが限定されていた。

 FOLFOX群に比べてaflibercept群で5%超多く発現したグレード3/4の副作用は高血圧、蛋白尿、好中球減少症、感染症で、血管新生阻害剤でよくみられるものだった。副作用のために投薬中止となったのは、aflibercept群が31.1%、FOLFOX群が22.4%だった。