I期でリンパ節転移陰性のHER2陽性乳癌の多くの患者に対し、パクリタキセルとトラスツズマブの併用(TH療法)による術後補助化学療法は、無病生存(DFS)に関するイベントの発生が少なく、重篤な有害事象も少ない治療法である可能性が、単群、非ランダム化のフェーズ2試験(APT)から示された。12月10日から14日まで米国サンアントニオで開催されているサンアントニオ乳癌シンポジウム(SABCS2013)で、米国Dana-Faber Cancer InstituteのSara M. Tolaney氏が発表した。

 HER2陽性乳癌患者に対するトラスツズマブと化学療法の併用により、再発リスクの低下や全生存期間(OS)の改善が得られることが複数のランダム化試験から報告されている。I期のHER2陽性乳癌患者では、治療のリスクと有用性のバランスから、毒性が低いレジメンの開発が重要になる。

 Tolaney氏らは、一律に治療を行った患者コホートの転帰を明確にするため、前向き、非ランダム化のAPT試験を実施した。ランダム化試験としなかったのは、トラスツズマブを含まない試験群に集積を行うのは困難、2つの化学療法を比較する臨床試験では数千人の患者集積が必要、標準的なレジメンはI期の患者には毒性が強すぎる、などの理由による。

 APT試験の対象は、HER2陽性乳癌で、ER陽性またはER陰性、リンパ節転移陰性、腫瘍径3cm以下の患者だった。

 治療として、パクリタキセル80mg/m2とトラスツズマブ4mg/kg(初回投与時、2回目以降は2mg/kg)を週1回、計12回投与し、その後、トラスツズマブ6mg/kgを3週毎に13回、または2mg/kgを週1回、40週間投与した。放射線療法と内分泌療法はパクリタキセルの投与終了後に開始した。主要評価項目は無病生存率(DFS)で、STEEP criteriaに従い、同側の局所再発、対側の浸潤性乳癌、遠隔転移、全死因による死亡が含まれた。

 2007年10月から2010年9月までに410人が登録され、406人が治療を受け、解析対象となった。2013年9月30日の時点で入手可能なデータに基づき、1435患者年、追跡期間中央値3.6年となった。

 406人の年齢中央値は55歳で、50歳未満が33%、50-70歳が57%、70歳以上が10%だった。腫瘍径は1cm以下と1cm超が50%ずつとなった。高分化型は11%、中分化型は32%、低分化型は56%だった。ホルモン受容体陽性の患者は67%、陰性の患者は33%だった。

 3年時のDFS率は98.7%(95%信頼区間:97.6-99.8)となった(Poisson p<0.0001)。406人中、イベントが発生したのは10人(2.5%)のみで、2人は遠隔転移(0.5%)、4人は浸潤性の局所再発(0.9%)、3人(0.7%)は対側のHER2陰性乳癌、1人(0.2%)は卵巣癌による死亡だった。

 イベントを浸潤性の局所再発、遠隔転移、乳癌による死亡とした無再発生存率(RFI)は99.2%(95%信頼区間:98.3->99.9)だった。

 腫瘍径別の3年時のDFS率は、1cm超で98.0%(95%信頼区間:96.0->99.0)、1cm以下で99.5%(95%信頼区間:98.4->99.9)、ホルモン受容体別の3年時のDFSは、陽性で98.5%(95%信頼区間:97.0->99.9)、陰性で99.2%(95%信頼区間:97.7->99.9)となり、いずれも良好な結果だった。

 全グレードの有害事象では、疲労感(22%)、下痢(13%)、末梢神経障害(13%)、好中球減少(11%)などが発現したが、グレード3または4の有害事象の頻度は低く、それぞれ2%、1%、3%、4%だった。また、症候性のうっ血性心不全が2人(0.5%)に発現したが、トラスツズマブを中止後に正常に回復した。無症候性の左室駆出率(LVEF)の低下は13人(3.2%)に発現した。

 Tolaney氏は「TH療法はI期のHER2陽性乳癌患者の多くに対し、根拠が得られた有望な治療法と考えられる」と結論した。

 Tolaney氏が治験責任医師を務めるATEMPT試験では、I期のHER2陽性乳癌で、ER陽性またはER陰性、PS 0-1の患者を対象として、トラスツズマブDM1を投与する群とTH療法施行後にトラスツズマブを投与する群を比較する予定である。