国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科医長 久保田 馨氏

 癌化学療法を受ける患者が「最もつらい副作用の一つ」としてあげる悪心、嘔吐は、患者のQOLだけでなく、治療の継続にも影響を及ぼす。急性期の悪心、嘔吐に対しては日本でもセロトニン(5-HT3)受容体拮抗薬が標準治療となったが、遅発期の悪心、嘔吐の治療は十分とはいえない状況にあった。

 今年1月に「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)(遅発期を含む)」を適応として承認された5-HT3受容体拮抗剤のパロノセトロン(商品名:アロキシ)には、急性期と遅発期の両方の悪心、嘔吐に対する効果が期待されている。

 3月19日から20日にかけて東京都で開催された第8回日本臨床腫瘍学会学術集会のイブニングセミナー「世界のガイドラインを変えた日本発のエビデンス 新たな制吐療法」(共催:大鵬薬品工業株式会社)では、独立行政法人国立がん研究センター中央病院呼吸器内科医長の久保田馨氏が、制吐療法の歴史と日本発のエビデンスが得られたパロノセトロンの臨床試験を解説し、初回化学療法から十分な制吐療法を行うことが重要と話した。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

(まとめ;日経メディカル別冊)