マルチターゲット型受容体チロシンキナーゼ阻害剤のスニチニブは、2008年4月、国内でイマチニブ耐性gastrointestinal stromal tumor(GIST)と根治切除不能または転移性の腎細胞癌を適応症として承認された。有効性について多くの報告がある一方で、従来の細胞傷害性薬剤とは異なる未知の有害事象の出現も報告されている。スニチニブを有効用量で長期投与できるよう、有害事象への対応を中心とするチーム単位での取り組みが始められている。


 名古屋市で開催された第7回日本臨床腫瘍学会学術集会のコーポレートセミナー「分子標的治療薬のチーム医療について―チームスーテント―」において、癌研究会有明病院化学療法科乳がん骨転移・原発不明癌担当部長の高橋俊二氏は、スニチニブの適応症であるGISTおよび腎細胞癌に対する分子標的治療のエビデンスについて解説し、新規薬剤導入に際し同院で実施しているチーム医療について紹介した。


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)