骨髄異形成症候群(MDS)において、臍帯血移植を行った患者の5年生存率、3年累積再発率は、非血縁者間骨髄移植を実施した患者と比べて有意に不良だったことが報告された。3年非再発死亡率は両群間に有意差は見られなかった。日本造血細胞移植学会のデータベースを基に解析した結果について、10月13日まで札幌市で開催された第75回日本血液学会学術集会で、都立大塚病院血液内科・駒込病院の石山謙氏らが発表した。

 MDSへの根治療法としては、同種造血幹細胞移植が唯一の治療法だ。だが、MDSは高齢で発症することが多く、同胞ドナーもまた高齢であることが多い。そのため、代わりとなる治療法が求められており、その1つとして臍帯血移植が行われることがある。だが、MDS患者への臍帯血移植に関するデータは限られているほか、非血縁者間骨髄移植に比べて治療成績が劣っているのではないかという懸念がある。

 そこで石山氏らは、日本造血細胞移植学会のデータベースに登録されたデータを基に、MDS患者への臍帯血移植の有効性を検証した。

 解析対象は、1998年1月から2010年12月までに日本造血細胞移植学会に登録された16歳以上のMDS患者1059例。非血縁者間骨髄移植を初めて実施した患者431例と予後を比較した。

 患者背景は、平均年齢が51.3歳(16-75歳)、男性278例女性153例、高リスク群[過剰な芽球を伴う芽球増加型不応性貧血(RAEB)、急性転化を来たした過剰な芽球を伴う芽球増加型不応性貧血(RAEB-t)]が264例、慢性骨髄単球性白血病(CMML)が24例だった。PS 0または1の患者は287例、造血幹細胞移植時期は2006年以降が276人を占めた。平均有核細胞数は2.55個(×107/kg )、平均CD34陽性細胞数は0.90個(×105/kg )。

 解析の結果、臍帯血移植群の5年生存率(OS)は32%で、非血縁者間骨髄移植群の46%と比べ、有意に低かった(p<0.0001)。また、臍帯血移植群の3年累積再発率は18%で、非血縁者間骨髄移植群の10%と比べ有意に不良だった(p<0.0001)。

 一方で、3年非再発死亡率は両群間に有意差は見られなかった(41%対38%、p=0.11)。

 臍帯血移植群の移植後30日時点の好中球生着率は66%、移植後100日時点が77%だった。

 全死亡を予測する有意な因子を多変量解析で検討したところ、移植患者が50歳以上(ハザード比1.67)、慢性骨髄単球性白血病(同2.05)、PS 2-4(同1.78)、輸血した赤血球数が20U以上(同1.78)、慢性GVHD(同0.23)が抽出された。

 これらの結果から石山氏は、「臍帯血移植患者において、GVHDへの進展はOSを改善する因子である可能性が示唆された。今後、臍帯血移植と非血縁者間骨髄移植のOSを比較するなど、さらなる検討が必要」と語った。