リツキシマブよりも抗体依存性細胞障害活性が高く、直接殺細胞効果が高い糖鎖修飾抗CD20抗体製剤GA101は、日本人のB細胞性非ホジキンリンパ腫患者に安全で効果も期待できることが明らかとなった。国内で実施されたフェーズ1試験の結果示されたもの。成果は9月24日から26日まで横浜市で開催された第72回日本血液学会学術集会で癌研有明病院の畠清彦氏によって発表された。

 フェーズ1試験はGA101を3週おきに1日目、8日目、22日目に投与することを1サイクルとして3サイクル(9回接種)実施された。投与量に応じて3人ずつの4つのグループに分けられた。グループ1は1回目の接種量が200mg、2回目から9回目の接種量が400mg、グループ2は1回目の接種量が400mg、2回目から9回目の接種量が800mg、グループ3は1回目の接種量が800mg、2回目から9回目の接種量が1200mg、グループ4は1回目の接種量が1200mg、2回目から9回目の接種量が2000mgとされた。被験者はCD20陽性のB細胞性非ホジキンリンパ腫患者でリツキシマブまたはリツキシマブを含む治療で再発もしくは難治性の患者だった。

 薬剤に関連した主なグレード3、4の副作用は、投薬中が投与関連反応(グレード3が2人)、好中球減少症(グレード3が1人、グレード4が1人)、白血球減少症(グレード3が2人)、血小板減少症(グレード3が1人)、投薬終了後は帯状疱疹が1人(グレード3)だった。重篤な副作用は帯状疱疹1件のみで用量制限毒性は見られず、治療関連死もなかった。

 抗腫瘍効果は、全員が安定状態(SD)以上で完全寛解(CR)が2人、部分寛解(PR)が5人で奏効率は58%だった。濾胞性リンパ腫患者8人に限定すると奏効率は75%となった。

【訂正】10/4に以下の訂正をしました。
・副作用の項で、「注射部位反応」を「投与関連反応」に、「ヘルペスゾースター感染症」を「帯状疱疹」に訂正しました。