抗VGEF抗体あるいは抗EGFR抗体といった分子標的薬の導入により、進行・再発大腸癌患者の生存期間は大きく改善している。現在使用できる薬剤をいかに有効に使い、一次治療、二次治療、三次治療とつないでいくかが、大腸癌治療の課題となっている。

 熊本大学大学院消化器外科学の馬場秀夫氏は、第49 回日本癌治療学会学術集会のセミナー「進行・再発大腸癌に対する新たな治療戦略」(共催:大鵬薬品)で、SOX(S-1オキサリプラチン)やIRIS(S-1、イリノテカン)などを用いた臨床試験の結果を踏まえ、進行・再発大腸癌治療における経口抗癌剤の効果と役割について解説した。

詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)