10月22日から24日に横浜市で開催された第47回日本癌治療学会学術集会においてシアタースペースセミナー「非小細胞肺癌における葉酸代謝拮抗剤―基礎から臨床まで―」(共催:日本イーライリリー)が開かれ、兵庫医科大学呼吸器外科准教授の田中文啓氏が、新しい葉酸代謝拮抗剤ペメトレキセド(商品名:アリムタ)の作用機序、臨床成績のエビデンスと非小細胞肺癌の治療戦略について解説した。


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)