肺癌の分野では、さまざまな遺伝子異常が見つかり、中でも癌化、増殖のプロセスに重要な「driver mutation」といわれる遺伝子変異が次々に発見されている。EGFR 遺伝子変異やALK 融合遺伝子など、driver mutationをターゲットとした薬剤の開発が進み、個別化医療が現実味を帯びてきた。

 静岡がんセンター呼吸器内科の山本信之氏は、第52 回日本肺癌学会総会イブニングセミナー「非小細胞肺癌における新たな治療戦略」(共催:ファイザー)で、主要なdriver mutationと、それをターゲットとした治療薬についての最新動向を解説した。


詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)