化学療法未治療の進行非小細胞肺癌NSCLC)の日本人患者において、ペメトレキセド(PEM)は500mg/m2、カルボプラチン(CBDCA)はAUC 6が併用療法の推奨用量と考えられる結果が示された。本併用療法の忍容性は概ね良好で、奏効率や無増悪生存期間(PFS)、1年生存率において有効性も認められた。11月3日、4日と広島市で開催された第51回日本肺癌学会総会(JLCS2010)で、近畿大学医学部附属病院腫瘍内科の米阪仁雄氏が発表した。

 化学療法未治療の進行NSCLCの標準治療は、白金系抗癌剤ベースの併用療法である。ペメトレキセド(PEM)とカルボプラチン(CBDCA)の併用療法について海外で行われたフェーズ2試験では、忍容性は良好で、ファーストライン治療としての有効性は他の白金系抗癌剤ベースのレジメンと同等であることが示された。

 米阪氏らは、日本人で化学療法未治療の進行NSCLC患者を対象として、PEMとCBDCAの併用療法の安全性と忍容性を評価し、推奨用量を決定する用量漸増試験を実施した。

 治療は3週間を1サイクルとし、1日目にPEMとCBDCAを最大6コースまで投与し、安定(SD)以上の効果が得られている患者には、維持療法としてPEM 500mg/m2の単剤投与を進行(PD)または許容不能な有害事象が発現するまで継続した。投与期間中、葉酸とビタミンB12を併用投与した。投与量は、コホート1ではPEM 500mg/m2とCBDCA AUC5、コホート2ではPEM 500mg/m2とCBDCA AUC6とした。

 コホート1の最初の3人中、1人に用量制限毒性(DLT)のグレード4の血小板減少を認めた。さらにコホート1に3人を追加したところ、追加の3人についてはDLTを認めなかった。コホート2の最初の6人にDLTは認められず、推奨用量はPEM 500mg/m2、CBDCA AUC6となった。さらにコホート2に8人を追加し、コホート1と2の合計20人で検討した。

 コホート全体の年齢中央値は64.0歳、男性は13人だった。PS 0が4人、PS 1が16人だった。ステージIIIBは3人、IVは16人、術後再発が1人だった。組織学的には17人が腺癌だった。

 単位時間当たりの薬剤投与量(dose intensity)は、コホート1、2のいずれにおいても80%以上に保たれていた。有害事象による減量や投与の遅延を要した割合は、コホート1ではそれぞれ7%と23%、コホート2では15%と35%となり、コホート2でやや高かった。理由は血液毒性だった。

 血液毒性については、グレード3または4の好中球減少が最も多く15人(コホート1で5人、コホート2で10人)に発現した。グレード3または4のヘモグロビン減少が10人(コホート1で3人、コホート2で7人)、グレード3または4の血小板減少は9人(コホート1で3人、コホート2で6人)に発現した。非血液毒性では、グレード2から4の食欲不振が9人(コホート1で4人、コホート2で5人)と最も多かった。

 全体の有効性については、完全奏効(CR)はなかったが、部分奏効(PR)が12人で60%(95%信頼区間;36.1〜80.9%)に認められた。

 PFSの中央値は7.6カ月(95%信頼区間;4.8〜8.0カ月)、1年生存率の中央値は70.0%(95%信頼区間;49.9〜90.1%)で、良好な結果が示された。

 現在、日本および海外で、PEMとCBDCAの併用療法に適切な分子標的治療を加えたフェーズ3試験が進行中である。