EGFR変異陽性の非小細胞肺癌では、ゲフィチニブはカルボプラチン+パクリタキセルに比べて無増悪生存期間を延長させることが、フェーズ3試験IPASSの日本人を対象とした解析で明らかになった。血清遊離DNAを用いたEGFR遺伝子変異解析によるもの。ただし、腫瘍検体との比較で偽陰性率が高く、今後、改良が必要であることもわかった。国立がんセンター東病院の後藤功一氏が11月12日から13日に東京で開催された第50回日本肺癌学会総会で発表した。

 IPASS(IRESSA Pan-Asian Study)試験は、化学療法による治療歴がなく、非喫煙もしくは軽度の喫煙経験者で、腺癌のステージ3B〜4期の非小細胞肺癌患者を対象にしたフェーズ3試験。日本、中国、タイ、台湾、インドネシア、マレーシア、フィリピン、香港、シンガポールで実施された。一次治療としてゲフィチニブ(250mg/日)を投与する群(609人)とカルボプラチン(AUC 5〜6)とパクリタキセル(200mg/m2)を併用投与する群(608人)を比較した。

 これまでに対象患者全体での無増悪生存期間(PFS)および日本人を対象にしたサブ解析でのPFSが報告されており、いずれもゲフィチニブ群がカルボプラチン+パクリタキセル群に比べて優れていた。また全患者において、EGFR変異陽性群ではゲフィチニブ群が有意にPFSを延長した(ハザード比0.48、p<0.001)が、変異陰性群はカルボプラチン+パクリタキセル群のほうが良好だった(ハザード比2.85、p<0.001)。

 今回の発表では、日本人の血中遊離DNAによるEGFR遺伝子変異の結果が、腫瘍検体から得られた結果と比較して報告された。EGFR遺伝子変異は感度の高いARMS法で測定され、21種類の遺伝子変異を用いて評価された。

 その結果、血中遊離DNAによるEGFR遺伝子変異の陽性群では、ゲフィチニブ群のPFSが有意に優れ(ハザード比0.29、p=0.0009)、全患者における陽性群の結果と同じであった。

 しかし、血清検体194例では変異陽性率は23.7%であるのに対し、腫瘍検体91例では61.5%。腫瘍検体と血清検体の両方の測定が可能だった86例で見ると、腫瘍検体と血清検体の結果の一致率は66%であり、血清検体での偽陽性はなかったが、偽陰性は57%に認められた。

 偽陰性率が高かったことについて、後藤氏は、技術的な問題や血清検体に含まれるDNA量が不足していたことが原因と考え、より多くの血液を使うなどの改良が必要であるとした。また、「肺組織から腫瘍検体を採取することは患者にも負担になる。血清検体を含め代替サンプルによるEGFR遺伝子変異の測定にはさらなる研究が求められる」と述べた。