進行Gastrointestinal stromal tumor(GIST)に対する薬物療法では、イマチニブスニチニブが使用可能であり、また現在regorafenibが承認申請中である。薬物療法のラインアップが揃いつつある現状において、外科治療について、その意義を改めて考える必要がある。

 2月27日から大阪市で開催された第85回日本胃癌学会総会のランチョンセミナー「進行GIST治療に外科治療は必要か」(共催:ファイザー株式会社)では、浜松医科大学外科学第二講座の教授で、同大医学部附属病院の副病院長を併任する今野弘之氏が「進行GISTに対する治療戦略では、薬物療法と外科治療を組み合わせ、タイミングを考慮した介入が生存期間の延長に寄与すると考えられる」と語った。

詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)