大阪警察病院 副院長 臨床研修医指導センター長の西田 俊朗氏

 切除可能な消化管間質腫瘍GIST)に対する治療は、外科的切除が第一選択であるが、切除不能あるいは再発GISTに対しては分子標的薬イマチニブが使用されてきた。しかし、イマチニブ耐性を獲得するGISTが問題となり、2008年、スニチニブがイマチニブ抵抗性GISTを適応に承認され、GIST治療に新たな道が開かれた。

 GISTの主な発生原因はc-kit遺伝子の突然変異であるが、GISTに対するイマチニブやスニチニブの効果も遺伝子変異に依存することがわかってきた。大阪警察病院外科の西田俊朗氏は、第82回日本胃癌学会総会のセミナー「GISTを含む消化管肉腫に対する新しいアプローチ」(共催:ファイザー)で講演し、遺伝子変異と薬剤感受性の関係や、スニチニブ治療における有害事象の管理の重要性、さらにGIST以外の軟部肉腫に対する治療の現状を解説した。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

(まとめ;日経メディカル別冊)