九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科の掛地吉弘氏

 化学療法の進歩に伴い、胃癌患者の生存期間は延長している。特に2007年以降は、ACTS-GC試験で術後S-1投与の有効性が明らかになったのを皮切りに、胃癌の化学療法が大きく動き出した。さらに治療成績を高めるため、進行胃癌におけるエビデンスを基にして、S-1+αによる術後補助化学療法や術前補助化学療法が検討され始めている。

 術後補助化学療法の標準治療薬であるS-1をベースに、シスプラチンあるいはドセタキセルとの2剤併用、または3剤併用のDCS療法が、術前・術後補助化学療法のレジメンとして有望だ。九州大学大学院医学研究院消化器・総合外科の掛地吉弘氏(写真)は、第82回日本胃癌学会総会のセミナー「胃癌手術成績向上のための集学的治療戦略―NeoAdjuvant Chemotherapy―」(共催:大鵬薬品工業)で講演し、胃癌化学療法の現状とその方向性を語った。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

(まとめ;日経メディカル別冊)