予後良好といわれる乳腺粘液癌であっても3つのサブタイプに分けられ、一部の乳腺粘液癌では有意に再発率が高く、個別化した治療戦略の必要性が示唆された。6月28日から熊本で開催された第20回日本乳癌学会総会で、大阪市立大学大学院腫瘍外科の中本健太郎氏が発表した。

 乳腺粘液癌(MBC:mucinous breast carcinoma)は全乳癌の1.3〜5.4%を占め、特殊型乳癌としては小葉癌に次ぐ頻度で認められる。乳腺粘液癌の組織型分類として、浸潤性乳管癌の成分を含む混合型(MMBC)と含まない純型(PMBC)に分けられる。PMBCはさらにhypocellular variant(PMBC-A)とhypercellular variant(PMBC-B)に細分類される。

 今回、中本氏らは、同施設にて乳癌手術を実施した症例1041例のうち、乳腺粘液癌42例(4.0%)について、3つのサブタイプ別に比較検討を行った。観察期間中央値は5.8年だった。

 各症例数は、MMBCが15例、PMBC-Aが17例、PMBC-Bが10例で、うちリンパ節転移陽性は6例、ホルモン受容体(HR)陽性39例、HER2陽性は1例だった。

 乳腺粘液癌と非乳腺粘液癌とに分けて検討した結果、臨床病理学的には乳腺粘液癌で腫瘍サイズ2cm以上だった症例、HR陰性例、HER2陰性例が有意に多かった。全乳癌症例と乳腺粘液癌症例の術後無病生存期間を比較した結果、無病生存期間における有意差は認められなかった。

 一方、乳腺粘液癌の再分類別に術後無病生存率を比較した結果、PMBC-Aに比べて、MMBCは有意に無病生存率が低かった。

 また、リンパ節転移が認められた乳腺粘液癌6例のうち4例で再発しており、サブタイプ別にみると、MMBCでの再発例が3例、PMBC-Bが1例だった。PMBC-Aではリンパ節転移が2例で認められたにもかかわらず再発はなかった。

 再発が多かったMMBCでは、PMBCに比べて腫瘍径が大きい、また顕著にKi67発現が多く核異型度が高いという特性が認められた。

 今回の検討結果から、粘液比率が高いPMBC-Aはリンパ節転移があったとしても予後が良いこと、乳腺粘液癌ではHR陽性/HER2陰性例が多く、特にPMBC-AではLuminal Aタイプが多かったこと、乳腺粘液癌の中でもMMBCは比較的予後が悪く、異なった生物学的特性を持つ可能性が示唆されると考えられた。

 中本氏は、「乳腺粘液癌はNCCNガイドラインでも画一的に予後良好な組織型としてワンランク下げた補助療法が推奨されているが、本研究からは再分類による個別化した治療戦略を考慮すべきと示唆される」と結論付けた。