化学療法の治療歴がない進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)の75歳以上の患者に対し、3週毎に行うカルボプラチンAUC5とペメトレキセド500mg/m2の併用療法は忍容性があり、有効なレジメンである可能性が、フェーズ1/2試験のフェーズ1の部分の最終解析から示された。10月27日から30日までオーストラリア・シドニーで開催された第15回世界肺癌学会(WCLC2013)で、大阪府立病院機構大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター肺腫瘍内科の田宮基裕氏が発表した。

 田宮氏らは、化学療法の治療歴がないIIIB/IV期または術後再発の非扁平上皮NSCLCで、75歳以上、ECOG PS1以下などの条件を満たす患者を対象として、カルボプラチンとペメトレキセドの併用療法の推奨量を決定することを主要目的とするフェーズ1/2試験を実施した。今回はフェーズ1の最終解析の結果が発表された。

 カルボプラチンは、コホート0にはAUC4、コホート1にはAUC5、コホート2にはAUC6で投与し、ペメトレキセド500mg/m2を併用し、3週毎に4サイクル施行した。その結果、奏効または安定状態が得られた患者には、ペメトレキセドを進行または受容不能な毒性が観察されるまで投与した。

 用量制限毒性(DLT)は1サイクル目の発現で判定した。DLTの定義は、グレード4の白血球減少、グレード4の血小板減少、発熱性好中球減少、グレード3の非血液毒性(食欲不振、悪心、便秘、電解質以上を除く)、毒性が43日以内に改善せず患者が化学療法を受けられない場合――から1つを認めた場合とした。

 コホート0は3人で、年齢中央値79歳、男性の割合は66.7%、全例PS 1で、EGFR/ALK遺伝子変異が確認された患者はいなかった。コホート1は7人で、それぞれ78歳、28.6%、PS1は4人、ALK遺伝子変異陽性が1人で確認された。コホート2は7人で、それぞれ79歳、71.4%、Exon19の欠失変異を2人、Exon21の変異を1人に確認した。

 DLTは、コホート0の3人では観察されず、コホート1の最初の3人でも観察されなかった。コホート2では7人中3人にDLTが観察され、2人はグレード4の血小板減少、1人はグレード3の発熱性好中球減少だった。コホート1に追加された4人ではDLTは観察されなかった。

 そのため、カルボプラチンAUC5とペメトレキセド500mg/m2を進行非扁平上皮NSCLCの高齢の患者に対する併用療法の推奨量と決定した。

 ただし、試験期間を通して、血小板減少と貧血の頻度は高く、田宮氏は「これらの有害事象には注意を要する」とした。

 ペメトレキセドによる維持療法は17人中10人が受け、サイクル数中央値は5サイクルとなり、予期されない、または蓄積性の毒性は認めなかった。

 有効性として、17人中、部分奏効(PR)は8人で得られ、奏効率は41.2%となった。無増悪生存期間(PFS)中央値は5.5カ月(95%信頼区間:2.5-8.5)、全生存期間(OS)中央値は12.6カ月(同:7.4-17.8)となった。

 現在、フェーズ1試験の推奨量でフェーズ2試験が進行中であり、安全性と有効性についての結果が来年発表される予定である。