進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)の中国人患者において、ファーストライン治療としてカルボプラチンとパクリタキセルの併用療法(CP療法)にベバシズマブを追加することにより、これまで他地域で行われた試験と同様に無増悪生存期間(PFS)が改善し、新たな安全性の問題は認められないことが、フェーズ3のBEYOND試験から示された。10月27日から30日までオーストラリア・シドニーで開催された第15回世界肺癌学会(WCLC2013)で、中国Shanghai Pulmonary HospitalのCaicun Zhou氏が発表した。

 進行非扁平上皮NSCLCに対するファーストライン治療として、プラチナダブレットによる化学療法にベバシズマブを追加することで、全生存期間(OS)およびPFSが延長することが報告されている。これらの臨床試験の対象は主にコーカサス人だったが、アジア人のサブグループ解析でも、ファーストライン治療としてCP療法にベバシズマブを追加するレジメンの有効性が報告された。

 そのためZhou氏らは、中国人患者を対象として、このレジメンの有効性を確認するBEYOND試験を開始した。

 対象は、治療歴がないIIIB期またはIV期の進行非扁平上皮NSCLCで、18歳以上、ECOG PS 1以下の中国人患者だった。

 CP療法は、21日を1サイクルとして、パクリタキセル175mg/m2とカルボプラチンAUC 6を1日目に投与し、6サイクルまで施行することとした。CP療法に追加してベバシズマブ15mg/kgを各サイクルの1日目に投与する群(Bv+CP群)、またはCP療法にプラセボを追加する群(Pl+CP群)に、患者を1:1で割り付けた。6サイクル終了後は、Bv+CP群ではベバシズマブを、Pl+CP群ではプラセボを、進行を認めるまで投与した。

 主要評価項目はITT解析対象におけるPFSで、NSCLCにベバシズマブを投与した代表的な試験であるE4599試験と一貫性を持って中国人患者における有効性を確認した(ハザード比の閾値≦0.83)。副次的評価項目はOS、奏効率、奏効期間、安全性、血漿中のバイオマーカー(VEGF-A、VEGFR-2)だった。また探索的なバイオマーカーとして組織と血漿のEGFR遺伝子変異の状態も評価した。

 276人が登録され、各群138人となった。ベースラインの患者背景は両群で同様だった。

 PFS中央値は、Bv+CP群9.2カ月、Pl+CP群6.5カ月となり、Bv+CP群で有意に延長した(ハザード比0.40[95%信頼区間:0.29-0.54]、p<0.0001)。

 奏効率もベバシズマブの追加により有意に改善し、Bv+CP群54%、Pl+CP群26%となった(p<0.0001)。病勢コントロール率(DCR)はそれぞれ95%と89%、奏効期間中央値はそれぞれ8.0カ月と5.3カ月だった。OSのデータは2014年に得られる予定である。

 ベースラインの血漿中のVEGF-AおよびVEGFR-2の値は、ベバシズマブの有効性と関連を示さなかった。

 安全性について、新たなシグナルは認めなかった。グレード3以上の有害事象はBv+CP群67.0%、Pl+CP群61.0%、重篤な有害事象はそれぞれ13.0%に発現した。有害事象による治療中止は、Bv+CP群18.4%、Pl+CP群15.0%だった。治療に関連する死亡は両群ともに少なく、Bv+CP群2.2%、Pl+CP群0.8%だった。治療サイクル数の中央値は、ベバシズマブ11、プラセボ8、用量強度の中央値はそれぞれ96.8%と96.0%となった。

 また探索的な検討では、EGFR遺伝子変異陽性の患者では治療によらずPFSが良好となり、EGFR遺伝子変異の状態が転帰に関する予後因子となると考えられたが、ベバシズマブの有効性の予測因子とはならないことが示された。