EGFR遺伝子変異のない非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対し、ペメトレキセドカルボプラチンベバシズマブの併用療法は有効で安全に投与できることが、中日本呼吸器臨床研究機構(CJLSG)による多施設共同フェーズ2試験(CJLSG0909)で明らかになった。また7割の患者がペメトレキセドとベバシズマブによる維持療法に移行できた。10月27日から30日までオーストラリア・シドニーで開催された第15回World Conference on Lung Cancer(WCLC)で、名古屋掖済会病院呼吸器科の後藤康洋氏らが発表した。

 対象は、化学療法による治療歴がないIIIB/IVもしくは術後再発の非扁平上皮NSCLCで、脳転移が認められず、EGFR遺伝子変異(exon19欠失変異、exon21 L858R変異)がない患者とした。

 治療は、ペメトレキセド500mg/m2、カルボプラチンAUC=6、ベバシズマブ15mg/kg を1日目に点滴静注し、3週毎に投与した。4-6サイクル行った後、SD以上の患者にはペメトレキセド500mg/m2とベバシズマブ15mg/kgを3週毎に、病勢進行もしくは許容できない毒性の発現まで継続投与した。

 主要評価項目は奏効率、副次評価項目は安全性、病勢制御率(DCR)、全生存期間、無増悪生存期間とした。奏効率の期待値は55%、閾値は31%と設定した。

 試験では50人に対して治療を行った。患者の年齢中央値は64歳(37-74歳)で、男性40人、女性10人、Stage IIIBの患者が6人、Stage IVが40人、術後再発例が4人だった。

 今回の発表では、初回治療での結果のみが報告された。抗腫瘍効果は、PRが24人、SDが21人、PDが1人、NEが4人で、奏効率は48.0%(95%信頼区間:33.7-62.6)、DCRは90%となった。また維持療法を行った患者は35人(70%)であった。

 主なグレード3/4の有害事象は、好中球減少症が20人(40%)、血小板減少症が12人(24%)だった。グレード3/4の感染症が2人(4%)に見られた。発熱性好中球減少症は認められず、治療関連死もなかった。

 重篤な有害事象は3人に認められた。グレード4の喀血が1人、グレード4の血栓塞栓性イベントが1人、グレード2の肺臓炎が1人であった。

 以上の結果から、「このファーストライン化学療法レジメンは、良好な有効性と許容可能な毒性プロファイルを示し、多くの患者が維持療法に移行することができた」とした。今後、維持療法における全生存期間や無増悪生存期間のデータ等を報告する予定であるという。