EGFR野生型およびEGFR-FISH陽性の進行肺腺癌に対するセカンドライン治療として、エルロチニブペメトレキセドを比較したフェーズ2試験から、奏効率はエルロチニブで高い傾向にあり、有効性と毒性は同等であることが示された。10月27日から30日までオーストラリア・シドニーで開催されている第15回世界肺癌学会(WCLC2013)で、中国Sun Yat-sen University Cancer CenterのSi-yu Wang氏が発表した。

 エルロチニブとペメトレキセドはいずれも、進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対するセカンドライン治療の選択肢である。しかし、EGFR野生型およびEGFR-FISH陽性(high polysomyまたはgene amplification)の肺腺癌に対するセカンドライン治療において、エルロチニブの効果は不明である。

 そのためWang氏らは、EGFR野生型およびEGFR-FISH陽性の進行肺腺癌患者のセカンドライン治療として、エルロチニブとペメトレキセドの有効性と安全性を検討する、前向き、非盲検、フェーズ2のランダム化試験を実施した。

 対象は、IIIB期からIV期の肺腺癌で、ファーストライン治療としてプラチナダブレットによる化学療法を施行中に進行を認めた18-75歳の患者とした。ECOG PSは2以下であることとした。EGFR野生型はARMS法、EGFR-FISH陽性はFISH法でそれぞれ評価した。

 適格と判断された患者を、エルロチニブを1日1回、250mgを経口投与する群(エルロチニブ群)、または21日を1サイクルとしてペメトレキセド500mg/m2を1日目に静脈内投与する群(ペメトレキセド群)に、1:1でランダムに割り付けた。治療は、進行または死亡、受容不能な毒性の発現、患者からの中止の要望があるまで継続した。主要評価項目は無増悪生存期間(PFS)、副次的評価項目は奏効率、全生存期間(OS)、安全性および忍容性だった。

 123人が登録され、エルロチニブ群61人、ペメトレキセド群62人となった。年齢中央値はそれぞれ54.3歳と55.1歳、男性の割合は65.6%と62.9%、ECOG PSが0または1の患者の割合は93.4%と95.2%だった。IIIB期とIV期の割合は、エルロチニブ群ではそれぞれ6.6%と93.4%、ペメトレキセド群では9.7%と90.3%だった。

 PFS中央値は、エルロチニブ群4.1カ月(95%信頼区間:1.6-6.6)、ペメトレキセド群3.9カ月(同:2.7-5.1)となり、両群に有意差はなかった(ハザード比0.92[95%信頼区間:0.62-1.37]、p=0.683)。6カ月の無増悪生存率は、エルロチニブ群45.1%、ペメトレキセド群38.8%だった。OSも両群で同様だった(p=0.970)。

 奏効率は、エルロチニブ群19.7%、ペメトレキセド群8.1%となり、エルロチニブ群で高い傾向が認められた(p=0.062)。

 忍容性についてはどちらのレジメンも良好だった。全グレードで多く報告された有害事象は、エルロチニブ群では発疹(54.1%)、疲労感(19.7%)、下痢(16.4%)など、ペメトレキセド群では疲労感(25.8%)、悪心(24.2%)、食欲不振(14.5%)などだった。グレード3または4の事象では、エルロチニブ群では発疹が3.3%、下痢と食欲不振がそれぞれ1.6%に発現し、ペメトレキセド群では悪心が3.2%、白血球減少が1.6%に発現した。