化学療法の治療歴がない進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)の75歳以上の患者を対象としたフェーズ1試験において、安全性、忍容性、有効性の点から、併用療法としてカルボプラチンはAUC5、ペメトレキセドは500mg/m2が推奨量(RD)と考えられることが示された。10月27日から30日までオーストラリア・シドニーで開催されている第15回世界肺癌学会(WCLC2013)で、久留米大学医学部呼吸器・神経・膠原病内科の武岡宏明氏が発表した。

 進行NSCLCの高齢の患者について、複数のフェーズ3試験でサブグループ解析が行われ、慎重に患者を選択して併用療法を行えば、高齢者でも若年者と同様の全生存期間(OS)が得られることが示唆されている。利便性と毒性を考慮すると、カルボプラチンとペメトレキセドの併用療法は、慎重に選択された進行非扁平上皮NSCLCの高齢の患者に対し、適切な治療法となると予測される。

 武岡氏らは、化学療法の治療歴がない進行非扁平上皮NSCLCで、75歳以上、ECOG PSが1以下の患者を対象として、カルボプラチンとペメトレキセドの併用療法を検討するフェーズ1の増量試験を実施した。主要目的は、この併用療法の最大耐用量(MTD)とRDを決定することだった。

 試験は2つのパートで構成された。パート1のレベル1では、6人を対象として、カルボプラチンAUC 4、ペメトレキセド500mg/m2を併用し、3週毎に6サイクル投与した。DLTの発現が3人以下の場合はレベル2に進み、まず6人にカルボプラチンAUC5、ペメトレキセド500mg/m2を併用した。DLTが3人以下の場合は、レベル2の用量をRDと決定することとした。パート2では、最大20人まで患者を追加し、RDで試験治療を行うこととした。増量は1サイクル目の毒性のデータで判断したが、2サイクル目以降に観察された毒性も、最終的に実現可能性を評価する際に考慮した。

 20人が登録され、年齢中央値は77歳(範囲:75-83)、男性は13人、PS 0と1の患者はそれぞれ14人と6人だった。IIIA期、IIIB期、IV期、再発は、それぞれ4人、1人、12人、3人で、組織型は全例腺癌だった。

 1サイクル目のDLTは、レベル1の6人では認めず、レベル2の14人中1人のみに発熱性好中球減少と蕁麻疹を認めた。そのため併用療法のRDは、カルボプラチンACU5、ペメトレキセド500mg/m2と決定した。試験期間中に観察されたDLTは、発熱性好中球減少、血小板減少、蕁麻疹、疲労感、食欲不振だった。

 主な有害事象は、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、疲労感、食欲不振などだったが、全体的に軽度で管理可能だった。グレード3以上の血液毒性として、1サイクル目ではレベル1でグレード3の好中球減少が1人、レベル2でグレード3の白血球減少が3人、好中球減少が1人、血小板減少が5人、貧血が1人、グレード4の事象はそれぞれ1人、4人、1人、0人に発現した。2人は血小板輸血、5人は赤血球製剤の投与を要した。

 治療サイクル数中央値は、レベル1で4(範囲:2-6)、レベル2で4(範囲:1-6)となった。有害事象による減量は、レベル1では2人(33%)、レベル2では3人(23%)に行われた。治療の遅延は血小板輸血を要したレベル2の2人で、最終的に治療は中止となった。

 武岡氏は「血小板減少を認めた2人のように、高齢者では若年者と異なり、回復に時間がかかる場合がある」と話した。

 有効性では有望な結果が示された。20人中6人で部分奏効(PR)、9人で安定状態が得られ、奏効率は30%、病勢コントロール率は75%となった。無増悪生存期間(PFS)中央値は4.8カ月(95%信頼区間:2.9-6.7)、OS中央値は17.8カ月(同:8.6-27.0)だった。