化学療法抵抗性の転移を有する進行大腸癌に、イリノテカンに加えてパニツムマブを投与しても、イリノテカン単独群に比べて、KRAS野生型患者の全生存期間(OS)を有意に延長できないことが明らかとなった。無作為化試験PICCOLOの結果明らかとなったもの。成果は9月23日から27日までスウェーデンストックホルムで開催されているThe European Multidisciplinary Cancer Congress(EMCC2011)で、英University of LeedsのM.T.Seymour氏によって発表された。

 PICCOLO試験は、パニツムマブまたはサイクロスポリンをイリノテカンに加えて投与して、イリノテカン単剤との効果を比較する試験。2007年に3アームの試験として始まったが、2008年6月以降はKRAS野生型患者はイリノテカン、パニツムマブ併用群かイリノテカン単剤群に、KRAS変異型患者はイリノテカン、サイクロスポリン併用群かイリノテカン単剤群に割り付けられることになった。今回はイリノテカン、パニツムマブ併用群とイリノテカン単剤群の結果が発表された。

 試験に参加するのは測定部位を持つ転移がある大腸癌患者で、フルオロピリミジン±オキサリプラチンのレジメンを1以上受けても進行した患者とされた。

 イリノテカンは3週おきに350mg/m2(70歳超の患者は300mg/m2)投与され、併用群ではさらにパニツムマブが3週間おきに9mg/kg投与された。主要評価項目は全生存期間(OS)で、副次評価項目は無増悪生存期間(PFS)、奏効率(RR)だった。中心的な効果評価を行う患者は、抗EGFR抗体療法を受けたことがなく、KRAS遺伝子コドン12-13、61が野生型の患者とした。抗EGFR抗体療法を受けたことのある患者、KRAS/BRAF野生型、BRAF変異型患者、KRAS変異型患者などでのサブ解析もおこなった。

 696人の患者がイリノテカン、パニツムマブ併用群とイリノテカン単剤群に割り付けられ、460人で中心的な効果評価が行われた。イリノテカン、パニツムマブ併用群で下痢、皮膚毒性、血液毒性が単独群よりも多く見られたが、両レジメンとも管理可能だった。

 イリノテカン、パニツムマブ併用群は単独群に比べて統計学的に有意なOSの延長は認められなかった(OS中央値は単独群10.5カ月、併用群10.4カ月、ハザード比0.91、p=0.44)。しかしPFSはハザード比0.78、p=0.01、RRは併用群34%、単独群12%(p<0.0001)と統計学的に有意な改善が見られた。

 KRAS、BRAF、NRAS、PIK3CAのいずれも変異のない患者327人でもOSに有意差はつかなかったが、RRはより顕著な差がついた。KRAS146変異、BRAF変異、NRAS変異を持つ患者では差がなく、BRAF変異かいずれかに変異を有する患者はOSが悪くなる傾向があった。