進行大腸癌のファーストラインとして間欠的な化学療法、セツキシマブ投与に加えて、化学療法休薬期間中にメインテナンス療法としてセツキシマブを投与することは、安全に実施でき、有効である可能性が明らかとなった。無治療失敗生存率(FFS)、化学療法完全休薬期間(chemotherapy free interval:CFI)と無増悪生存期間の期間が長かった。フェーズ2試験であるMRC COIN-B試験の結果、明らかとなったもの。成果は9月23日から27日までスウェーデンストックホルムで開催されているThe European Multidisciplinary Cancer Congress(EMCC2011)で、英Hammersmith HospitalのH.Wasan氏によって発表された。

 COIN-B試験はMRCがスポンサーになって実施されたオープンラベルの無作為化フェーズ2試験。進行大腸癌患者を対象に、ファーストラインとして、間欠的に化学療法とセツキシマブ投与を行う群と、間欠的な化学療法とセツキシマブ投与に加えてメインテナンス療法としてセツキシマブを投与する群を比較したもの。

 測定可能な腫瘍を持つ、臓器機能が良い患者をD群(mFOLFOXに週1回のセツキシマブ投与を12週加えて行い、CFIを置いて繰り返す群)とE群(FOLFOXに週1回のセツキシマブ投与を12週加えて行い、さらに週1回セツキシマブを投与する群)に割り当てられた。両群ともRECIST評価で増悪が見られた場合にはmFOLFOXとセツキシマブの12週間投与を行った。mFOLFOXとセツキシマブを併用しても、増悪するまで投与とCFIは繰り返された。2008年以降はランダム化される患者はKRAS野生型の患者とした。主要評価項目は、ランダム化されてから3カ月以内に増悪、死亡、治療の不成功を起こしていないKRAS野生型患者の、10カ月時点での無治療失敗生存(FFS)率とした。

 2007年7月から2010年6月までに登録されたKRAS野生型患者を、D群に77人、E群に92人が割り付けた。D群の65人、E群の67人が主要評価項目の評価が可能だった。10カ月FFS率はD群が46%、E群が54%だった。FFS中央値はD群が12.1カ月(IQR 6.1-21.0)、E群が14.0カ月(IQR 8.7-23.3)、最初のCFIが得られた後のPFS中央値はD群が3.1カ月、E群が6.0カ月で、ハザード比0.67、p=0.039と有意にE群が長かった。最初のCFIが得られた後の全生存期間中央値はD群が17.3カ月、E群が22.8カ月だった。最初のCFI中央値はD群が16週で、E群が24週だった。