EGFR変異陽性の進行非小細胞肺癌(NSCLC)の初回治療として、アジア人においても、afatinibは無増悪生存期間(PFS)、奏効率、病勢制御率、QOLを有意に改善させ、良好な安全性プロファイルを示すことが、afatinibとゲムシタビン+シスプラチン(GC)とを比較した無作為化オープンラベルフェーズ3試験のLUX-Lung 6試験で明らかになった。5月31日から米国シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会の年次集会(ASCO 2013)で、中国Guangdong Lung Cancer InstituteのYi Long Wu氏らが発表した。

 Afatinib はErbBファミリー(EGFR/ErbB1、HER2/ErbB2、ErbB4)を阻害する不可逆的経口剤。フェーズ3試験のLUX-Lung 3試験で、afatinibはEGFR変異陽性のNSCLC患者に対し、ペメトレキセド+シスプラチンによる初回治療よりも優れていることが示されている。

 LUX-Lung 6試験では、中国、韓国、タイのEGFR変異陽性進行NSCLC患者を対象に、初回治療としてのafatinibとGC療法の有効性と安全性が比較検討された。

 化学療法による治療歴がないStage IIIB/IVのNSCLC患者364人を登録し、afatinib群とGC群に2:1の割合で無作為化割り付けした。Afatinib群(242人)には連日40 mgを、GC群(122人)にはゲムシタビン1000 mg/m2 を1日目と8日目に、シスプラチン75 mg/m2を21日置きに6サイクルまで投与した。主要評価項目は独立評価委員会によるPFSとした。副次評価項目は奏効率、病勢制御率、奏効期間、全生存期間(OS)、患者報告アウトカム(PRO)、安全性。

 患者背景は両群でほぼ同等であり、女性の割合がafatinib群で64.0%、GC群が68.0%、 非喫煙者がそれぞれ74.8%、81.1%、エクソン19欠損が51.2%、50.8%、L858R変異が38.0%、37.7%だった。

 この結果、独立評価委員会によるPFSはafatinib群11.0カ月、GC群は5.6カ月で、有意差が認められた(ハザード0.28、95%信頼区間:0.20-0.39、p<0.0001)。1年PFS率はafatinib群では47%だが、GC群は2%であった。
 
 また試験担当医師によるPFSも同様の結果であり、afatinib群では13.7カ月、GC群は5.6カ月(ハザード0.26、95%信頼区間:0.19-0.36、p<0.0001)。1年PFS率はafatinib群では56%、GC群は4%であった。

 独立評価委員会による奏効率はafatinib群では66.9%、GC群は23.0%(p<0.0001)、病勢制御率はafatinib群では92.6%、GC群は76.2%だった(p<0.0001)。 また試験担当医師による奏効率はafatinib群では74.4%、GC群は31.1%、病勢制御率はafatinib群では93.0%、GC群は75.4%だった。

 イベント発生率43%におけるOS中央値はafatinib群では22.1カ月、GC群は22.2カ月(ハザード比0.95、p=0.7593)で、有意差は見られなかった。

 両群で新たな有害事象はなかった。グレード3以上の有害事象は、afatinib群で36.0%、GC群で60.2%に認められた。Afatinib群の主な有害事象は発疹・ざ瘡(G3:14.2%、G4:0.4%)、下痢(G3:5.4%)、口内炎・粘膜炎(G3:5.4%)、GC群では好中球減少(G3:17.7%、G4:8.8%)、嘔吐(G3:15.9%、G4:3.5%)、白血球減少(G3:13.3%、G4:1.8%)であった。
 
 有害事象に関連した減量はafatinib群で32.2%、GC群で26.5%で、有害事象による投与中止はafatinib群で5.9%、GC群で39.8%。重篤な有害事象はそれぞれ5.4%、7.0%だった。
 
 患者報告アウトカム(PRO)では、afatinib群で有意に癌関連の呼吸困難、咳、疼痛が軽減されていることが示された。

 以上の結果から、「LUX-Lung 6試験は、EGFR変異陽性患者を対象とした最大の前向き試験であり、Afatinibは標準的な化学療法を超える臨床的有用性を示した」とした。