初発膠芽腫瘍の初回治療として、標準的な化学放射線療法にベバシズマブを追加することで、奏効率は向上し、無増悪生存期間(PFS)は有意に延長するが、全生存期間(OS)の改善は見られないことが、フェーズ3試験AVAglioにおけるOSの最終解析で明らかになった。また放射線療法により一過性の腫瘍増大を示すpseudoprogression (偽性増悪)の発生はベバシズマブ投与で少ないことが確認された。5月31日から米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会の年次集会(ASCO 2013)で、ドイツUniversity of Heidelberg Medical Center Institut GustaveのWolfgang Wick氏らが発表した。

 AVAglio 試験は、初発の膠芽腫患者を対象に、術後または生検後に、テモゾロミドを用いた化学放射線療法(T/RT)に加え、ベバシズマブを投与した群(以下、ベバシズマブ+T/RT群)とプラセボを投与した群(以下、プラセボ+T/RT群)を比較した無作為化二重盲検プラセボ対照のフェーズ3試験。

 膠芽腫の治療効果は従来マクドナルド診断基準で評価されていたが、画像技術や分子標的治療の進歩により、その基準には限界があることが指摘されている。そこでAVAglio試験ではマクドナルド診断基準を改変し、偽性増悪の評価も行った。

 同試験は、初発膠芽腫患者921人をベバシズマブ+T/RT群とプラセボ+T/RT群に分けた。治療は、放射線療法とテモゾロミドにベバシズマブもしくはプラセボの併用投与を6週間行い、28日間休薬した後、維持療法としてテモゾロミドとベバシズマブもしくはプラセボを6サイクル投与した。さらに単独療法としてベバシズマブもしくはプラセボの投与を、病勢進行もしくは許容できない毒性の出現まで継続した。

 抗腫瘍効果はMRI画像から、試験担当医師がベースライン時と休薬終了時、維持療法では2サイクル目ごと、単独療法では9週ごとに評価した。

 偽性増悪は試験担当医師が休薬終了時に評価した。偽性増悪は、index lesions(癌および10mm以上の腺腫)および/もしくはnon-index lesionsがベースライン時と比較して25%以上増加し、かつ臨床症状がない場合とした。

 偽性増悪の決定は、維持療法2サイクル目の終了時に行った。増悪が確認された場合、偽性増悪は後方視的にPDとした。偽性増悪であることが確認された場合は治療を続けた。

 この結果、主要評価項目であるPFSの中央値は、プラセボ+T/RT群(463人)では6.2カ月、ベバシズマブ+T/RT群(458人)では10.6カ月で、有意に延長した(ハザード比0.64、95%信頼区間:0.55-0.74、p<0.0001)。

 しかし、もう1つの主要評価項目であるOSは、中央値がプラセボ+T/RT群では16.7カ月、ベバシズマブ+T/RT群では16.8カ月で、有意な違いはなかった(ハザード比0.88、95%信頼区間:0.76-1.02、p=0.0987)。1年生存率はそれぞれ66%、72%(p=0.049)、2年生存率は30%、34%だった(p=0.235)。

 最良奏効率はベバシズマブ+T/RT群(375人)では38.4%(33.5-43.5)、プラセボ+T/RT群(366人)は18%(14.2-22.4)であった(p<0.0001)。

 偽性増悪は、休薬終了時において、ベバシズマブ+T/RT群は12人(2.6%)プラセボ+T/RT群は84人(18.1%)だった。維持療法2サイクル目で確定した偽性増悪はそれぞれ10人(2.2%)、43人(9.3%)で、増悪と判断されたのは1人(0.2%)、35人(7.6%)だった。

 また増悪のパターン(局所性あるいは多発性など)を両群で比較したところ、ほぼ同じであることも示された。

 以上の結果から、「初回治療における化学放射線療法へのベバシズマブの追加は、1つの主要評価項目を達成し、これは臨床的な意義がある」とした。