日本においても、転移性腎細胞癌の適応でアキシチニブが承認されました。アキシチニブの有効性については、去年のASCOにおいて、国際共同第III 相試験「AXIS 試験」の結果が発表され、転移性腎細胞癌のセカンドライン治療として、アキシチニブはソラフェニブよりも有意に無増悪生存期間(PFS)を延長することが報告されました。

 今年のASCOにおいては、このAXIS 試験で、ファーストライン治療としてサイトカイン療法を施行し抵抗性となった患者グループのみを対象に、アキシチニブとソラフェニブのPFSやOSを評価したサブグループ解析の結果が発表されました。

 このサブグループの患者背景は、アキシチニブ群(N=126)、ソラフェニブ群(N=125)ともに年齢中央値は約60 歳、男性が7 割前後を占め、白人とアジア人がそれぞれ65%、35%でした。MSKCCのリスク分類については、2 群ともに、Favorableリスクが4 割、 Intermediateリスクが3 割、Poorリスクが3 割弱であり患者背景は同等でした。



詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)