HER2陽性原発性乳癌において、トラスツズマブ耐性の機序と考えられているP95 HER2がトラスツズマブの治療効果予測因子になる可能性のあることが、術前補助療法のGeparQuattro試験の組織標本を解析して明らかになった。6月3日から7日にシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)で、German Breast GroupのSibylle Loibl氏らによって報告された。

 P95 HER2はHER2のカルボキシル末端フラグメント(CTF)であり、P95 HER2ではトラスツズマブ結合部位が欠損している。そのためHER2陽性乳癌において、P95 HER2の出現はトラスツズマブ耐性に関与しているといわれている。

 この研究では、GeparQuattro試験でトラスツズマブによる治療を受けたHER2陽性原発性乳癌患者の標本を用いて、P95 HER2の発現と臨床効果との関係を調べた。

 GeparQuattro試験は、術前補助療法として、EC療法(エピルビシンとシクロホスファミド)後に、3群に無作為化割り付けし、ドセタキセル投与する群、ドセタキセルとカペシタビンを投与する群、ドセタキセルの後にカペシタビンを投与する群を比較。HER2陽性乳癌にはすべての化学療法にトラスツズマブを追加した。

 GeparQuattro試験でHER2陽性患者は445人。このうちホルマリン固定パラフィン包埋標本が採取でき、免疫組織化学染色(IHC)によるHER2判定と611 CTF抗体を用いたP95 HER2の検出ができた患者145人を解析対象とした。P95 HER2は、3人の病理医によって陽性細胞の割合として評価され、カットオフ値は20%と設定された。

 患者の年齢中央値は48.5歳(22.2-77.6)、腫瘍グレード3が40.7%、T1-3は85%、T4(炎症性乳癌を含む)が15%、リンパ節転移なしが39%、ホルモン受容体陽性が52%だった。

 化学療法とトラスツズマブ併用における病理学的完全奏効(pCR)率は、p95 HER2が陽性だった患者では59%だが、p95 HER2陰性の患者では24%と有意に低かった(p<0.0001)。また単変量解析ではpCRとp95 HER2の発現、pCRとホルモン受容体の状態に有意な関連性が見られた(p=0.001、p=0.039)が、多変量解析ではp95 HER2の発現のみがpCRと有意に関連した(p=0.004)。

 これらの結果から、Loibl氏は「p95 HER2の発現によって、トラスツズマブに感受性の高いHER2陽性腫瘍を検出することができる」と述べている。