今年2008年の米国臨床腫瘍学会(ASCO)で発表された腎細胞癌RCC)の治療アルゴリズムは、臨床試験の結果を踏まえ、現段階で最適と考えられる治療法を提示している。かつて腎細胞癌治療の主役だったサイトカイン療法は、確実に、分子標的治療薬にその座を奪われた形になった。

作成に携わった米Cleaveland ClinicのRonald M. Bukowski氏が、「Optimizing Treatment Strategy and Outcome in Patients with Renal Cancer」と題し、第46回日本癌治療学会総会ランチョンセミナー(共催:ファイザー)で講演、アルゴリズムの背景となった臨床試験の紹介を通し、腎細胞癌治療の現状を語った。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)



【アンケート】この記事はいかがでしたか。


 あなたにとって、この記事は役に立ちましたか。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
 役に立たなかった ← ←               → → 非常に役に立った

 この記事に対するご意見をご自由にお書きください。

 あなたのご職業を教えてください。
医師   薬剤師   看護師   技師   製薬企業関係者   その他

→ → →

【注意】ボタンをクリックした後にログイン画面が表示された場合には、お手数ですが、ログインした後に再度、この画面に戻って送信してください。