日本の癌診療においては、ややもすれば外科が突出していたきらいがあった。しかし、「輪と和」をテーマに掲げた癌治療学会総会の会長を務めた平川弘聖氏は、多様化した治療を効果的に患者さんに提供するには、各専門領域、各科間での連携、医師と看護師・薬剤師などのコメディカルとの横断的な連携によるチーム医療が不可欠と話す。


大阪市立大学大学院 腫瘍外科教授の平川弘聖氏

――今回の総会のテーマは「輪と和―Harmony and Network―」です。

平川 まずネットワーク、輪ですが、癌診療は様々な診療科、職種、あるいは組織のネットワークの中で行われているわけです。そういうネットワークが潤滑的にといいますか、うまく機能するようにするためには、やはりその中に和というものがないといけない。お互いの信頼関係、協調があって癌診療は進められていくべきだろうということです。

――チーム医療の時代が来ているが、ハーモニーという点についてはまだこれからだというニュアンスですか。

平川 そういう面ではまだ少し十分ではないところがあるという感じはしますね。

――私どもから見ますと、腫瘍外科と腫瘍内科、この間の連携がいまひとつうまくいっていないのではないかという感じがするのですが。

平川 腫瘍外科や腫瘍内科にもそれぞれのスペシャリティがあるわけで、うまく連携しているところとしていないところがあるんですね。例を挙げれば、呼吸器なんかはわりと連携していると思います。肺癌の手術をするにあたって、手術前、あるいは手術の後の化学療法、あるいは再発してからの化学療法などは、肺癌を専門にやっておられる腫瘍内科の先生は一般的には外科と連携をよく取られていると思いますね。

 ところが消化器外科の分野では、従来から化学療法は外科医が担っていたわけですね。消化器をやられる腫瘍内科の方がある程度育ってきたわけですが、マンパワー的になかなかカバーできていないのが現状です。だから現状でも消化器外科、乳腺外科もそうですが、現実的に外科医が担っているところがまだ大きい。将来的には腫瘍内科医がもっと育ってくれば、そちらの方向に移行していくという展望はありますが。だから腫瘍外科と腫瘍内科の連携がうまくいかないというのは、何も仲たがいをしているというのではなくて、マンパワーの問題で内科の先生が化学療法をなかなか全部カバーできないという背景があるということです。

 現在の日本の癌診療において、やはり少し出遅れ感があるというか、供給が十分ではない部分というのが化学療法、それから放射線治療、それと緩和医療ではないかと思います。

――今年から認定が始まったがん治療認定医はどんな領域を担うのですか。

平川 この制度が作られた背景には、癌の化学療法のあり方を見直さなければならないということがあります。化学療法の領域には新しい薬剤が次々と入ってきて、日々新しい知識が必要になっています。外科医が何も新しい知識を入れずに化学療法をするというのは、これからは許されないことですので、癌治療に対する一定の基盤的となる知識を持った、化学療法でもかなり特殊な化学療法ではない部分は担える程度の知識・技量を持っているという意味での認定医制度だと思うんですね。まだスタートしたばかりですが、認定を受けられた方々に化学療法のある部分を担っていただくということに期待しています。

 がん治療認定医には外科医もおれば内科医、泌尿器科医、産婦人科医、いろいろな領域の腫瘍をやっておられる先生方おられますので、それぞれの領域のことは当然ですが、薬物療法もある一定の範囲でそれを担保できるということかなと。日本臨床腫瘍学会のがん薬物療法専門医は、高度な化学療法を担っていかれるのだろうと思います。

――これによって先ほどおっしゃった腫瘍外科と腫瘍内科のアンバランスの部分も補われていって、ハーモナイゼーションが進むんですね。

平川 そういうことになりますね。癌診療においては手術、化学療法、放射線治療という3本の柱があって、それに緩和医療、免疫治療などが横にあるんですね。日本の外科治療というのは世界的にはトップクラスであり、がん対策基本法の中では外科的なことについてはあまり触れられていないんです。これからは手術だけが突出するのではなくて、いろいろな治療法の進歩も伴って、そういうものが癌診療の中でウェートがだんだん大きくなっていくことに対する期待があって、この学会がその最初のステップになってほしいなと考えています。