昨年12月に非小細胞肺癌治療薬として承認を取得したエルロチニブ(商品名「タルセバ」)は、上皮成長因子受容体EGFR)のチロシンキナーゼ部位を阻害する低分子化合物で、EGFR-TKIと呼ばれる分子標的薬の一種だ。この新しい肺癌治療薬エルロチニブをどう使うべきか。

 6月15日から開催された第48回日本呼吸器学会学術講演会ランチョンセミナー「肺がん分子標的治療」では、国立がんセンター中央病院肺内科医長の大江裕一郎氏が「肺がんに対する分子標的治療」と題してEGFR-TKIの2剤の特徴を紹介し、その臨床応用について解説した。


続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)


【アンケート】この記事はいかがでしたか。


 あなたにとって、この記事は役に立ちましたか。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
 役に立たなかった ← ←               → → 非常に役に立った

 この記事に対するご意見をご自由にお書きください。

 あなたのご職業を教えてください。
医師   薬剤師   看護師   技師   製薬企業関係者   その他

→ → →

【注意】ボタンをクリックした後にログイン画面が表示された場合には、お手数ですが、ログインした後に再度、この画面に戻って送信してください。