外来化学療法は近年、急速に普及してきた。既に多くの医療機関で専用の治療室が設けられている。乳癌や消化器系の癌だけではなく、呼吸器領域でも特に非小細胞肺癌への応用が活発になっている。

 こうした関心の高まりを反映し、第49回日本肺癌学会総会では、「非小細胞肺癌の外来化学療法とその展望」と題したランチョンセミナー(共催:日本イーライリリー)が開催された。演者の名古屋大学附属病院化学療法部部長の安藤雄一氏は、名古屋大の外来化学療法室の現状を紹介し、「今後、外来化学療法室にはより高い機能そして重要な役割が求められる」と強調した。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

【アンケート】この記事はいかがでしたか。


 あなたにとって、この記事は役に立ちましたか。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
 役に立たなかった ← ←               → → 非常に役に立った

 この記事に対するご意見をご自由にお書きください。

 あなたのご職業を教えてください。
医師   薬剤師   看護師   技師   製薬企業関係者   その他

→ → →

【注意】ボタンをクリックした後にログイン画面が表示された場合には、お手数ですが、ログインした後に再度、この画面に戻って送信してください。