天理よろづ相談所病院内分泌内科の藤田直尚氏

 血糖コントロール不良例に対して漫然と経口血糖降下薬の種類を増やすよりも、早期のインスリン導入を行った方が良好な血糖コントールが得られる」。BOTBasal supported Oral Therapy)を導入した2型糖尿病患者の血糖コントロール状況と、導入時に使用していた経口血糖降下薬数との関連を検討した、天理よろづ相談所病院(奈良県天理市)内分泌内科の藤田直尚氏(写真)は5月23日、第52回日本糖尿病学会年次学術集会の一般口演で指摘した。

2型糖尿病の治療は、段階的に強力な治療法にステップアップしていくのが一般的である。経口血糖降下薬の単剤、複数薬併用と進み、血糖コントロール不良の場合はさらにインスリン療法に移行する。

 しかし、多くの患者はインスリンの導入に対して拒否反応を示す。経口血糖降下薬に持効型インスリン製剤注射を併用するBOTは、外来で管理することが可能で、注射回数も少ないため患者に受け入れられやすいことから、近年、注目されるようになった。ただし、BOTの導入で全例の良好な血糖コントロールが得られるわけではなく、β細胞機能の疲弊が進行していない早期から導入することが重要であるといわれている。いくつかの経口血糖降下薬を併用しながら経過を観察しているうちに、BOT導入の機会を逸してしまう可能性もあり得るのだ。

 藤田氏らは、インスリングラルギン(グラルギン)を用いたBOTで良好な血糖コントロールを得るための条件を明らかにするために、導入時の罹病期間、使用経口血糖降下薬数と、BOT導入後のHbA1c低下度との関係を検討した。

 対象は、同院で2005年5月〜2008年4月にグラルギン1日1回注射法を新規導入した2型糖尿病患者のうち、導入時のHbA1cが7.5〜12.0%で、12カ月以上の経過観察が可能であった24例(男性15例、女性9例)である。平均年齢は61.5歳、平均罹病期間は10.9年。HbA1cは導入時の平均8.83%から、3カ月後7.13%、6カ月後7.18%、12カ月後7.06%と低下が認められていた。

 BOT導入時の経口血糖降下薬使用状況は、使用なし4例、1種類8例、2種類8例、3種類4例。使用なしと1種類使用を合わせた12例「0〜1種類群」と、2種類使用と3種類使用を合わせた12例「2〜3種類群」に分けると、「0〜1種類群」は「2〜3種類群」に比べ、罹病期間が短く、6カ月後および12カ月後のHbA1c低下度が有意に大きかった。6カ月後、12カ月後におけるHbA1c低下度は、使用経口血糖降下薬数、罹病期間とそれぞれと有意に負の相関を示した。なお、「0〜1種類群」と「2〜3種類群」のグラルギン投与量には有意差がなかった。

 藤田氏は「血糖コントロール不良例に対して漫然と経口血糖降下薬の種類を増やすよりも、早期にインスリン導入を行った方が良好な血糖コントールが得られると考えられた」と述べ、BOTへの早期導入の重要性を示唆した。
(高橋義彦=医学ライター)