藤田保健衛生大学循環器内科の山本真由美氏

 心房細動患者の大規模国内レジストリーであるJ-RHYTHMの登録者を対象とした新たな研究で、心房細動患者に対する抗血栓治療においてワルファリンアスピリンを併用した症例では、脳梗塞は減少せず、大出血のリスクが増加していることが明らかになった。藤田保健衛生大学循環器内科の山本真由美氏らが、3月17日まで横浜で開催されていた第77回日本循環器学会(JCS2013)で発表した。

 山本氏らは、J-RHYTHMに登録された7101例のうち、ワルファリン単剤投与群(5388例)、アスピリン単剤投与群(475例)、ワルファリン+アスピリン併用群(1101例)を比較した。平均観察期間は2年間だった。

 患者背景のうち、脳梗塞の既往は、ワルファリン群が13%、アスピリン群が7%、併用群が27%。冠動脈疾患の有病率はそれぞれ4%、10%、29%。CHADS2スコアはワルファリン群が1.6±1.2、アスピリン群が1.3±1.2、併用群が2.2±1.3だった。

 脳梗塞の年間発生率は、ワルファリン群が0.73%/年だったのに対してアスピリン群は1.75%/年、併用群は0.69%/年。ワルファリン群に対するハザード比は、アスピリン群が2.38(95%信頼区間[CI]:1.36-4.14、P=0.0016)、併用群が0.94(95%CI:1.12-2.42、P=0.85)と、併用群の脳梗塞発生率はワルファリン群と有意な差はなかった。

 一方、大出血の年間発生率は、ワルファリン群が1.05%/年だったのに対して、アスピリン群は0.82%/年、併用群は1.71%/年。ワルファリン群に対するハザード比は、アスピリン群が0.78(95%CI:0.36-1.68、P=0.53)、併用群が1.65(95%CI:1.12-2.42、P=0.0092)と、併用群ではワルファリン群に対し、大出血の発生率が有意に高かった。

 また、全死亡の年間発生率は、ワルファリン群が1.22%、アスピリン群が2.33%、併用群が1.78%。ワルファリン群に対するハザード比は、アスピリン群が1.93(95%CI:1.20-3.10、P=0.0056)、併用群が1.47(95%CI:1.01-2.13、P=0.042)と、アスピリン群、併用群はワルファリン群に対して有意に高かった。

 次に、脳梗塞、大出血、全死亡の各イベント別に、ワルファリン群に対するアスピリン群、併用群のハザード比上昇に関連した有意な予測因子について検討した

 その結果、アスピリン群における脳梗塞のハザード比上昇の有意な予測因子は男性と低体重、全死亡のハザード比上昇の有意な予測因子は男性、低体重、貧血、永続性心房細動だった。同様に、併用群における大出血については出血の既往、全死亡については、男性、貧血、永続性心房細動の既往が有意な予測因子だった。

 また、CHADS2スコアの上昇は、ワルファリン群に対するアスピリン群、併用群の、すべてのイベントリスク増加の有意な予測因子となっていた。

 これらの検討から山本氏は、「心房細動患者に対するワルファリンとアスピリンの併用群は、ワルファリン単独療法群に比べ、脳梗塞イベントが減らず、大出血と全死亡のリスクが増加していた。大出血リスク増加に対しては、出血の既往が特に関連が強かった」と結論した。