東京で開催された第56回日本リウマチ学会

 日本リウマチ学会の速報記事について、4月30日時点でのPVを調べたところ、最も注目されたトピックスは、「関節リウマチの患者の受診行動の遅れが明らかに」だった。「RAの手指・手関節のパワードプラシグナルの予測に腫脹関節数が有力」が2位、「RA患者の転倒回数は健常人と有意差見られず」が3位と続いた。

 4月30日時点でのPVが上位のトピックスは以下の通り。

1位◆ 関節リウマチの患者の受診行動の遅れが明らかに

2位◆ RAの手指・手関節のパワードプラシグナルの予測に腫脹関節数が有力

3位◆ RA患者の転倒回数は健常人と有意差見られず

4位◆ ARASHI status scoreは臨床的評価、機能的評価と有意な相関示す

5位◆ 「リウマチ性疾患の征圧」をテーマにJCRが開幕、全国から約6000人が参加へ

(日経メディカル別冊編集)