甲南病院加古川病院リウマチ膠原病センターの田中泰史氏

 メトトレキサート(MTX)は有効性が確認された抗リウマチ薬で、国内でも関節リウマチ(RA)の標準的な治療薬のひとつになっている。94人のRA患者に対してMTXを5年間、投与を続けた前向き研究の結果、臨床症状や所見などは投与開始の初期に大きく改善し、その後も緩やかな改善が続いたが、X線上の骨破壊は進行し続けていることが示された。甲南病院加古川病院リウマチ膠原病センターの田中泰史氏らの研究で、第51回日本リウマチ学会の一般口演で4月27日に報告された。

 対象は甲南病院加古川病院、神戸大学附属病院、鐘紡記念病院を受診しているRA患者のうち、2001年3月以降、新規にMTX投与を開始し、5年間フォローアップできた症例。他の抗リウマチ薬(DMARDs)を併用していない94例について、ACRコアセットとmodified Sharp法によるX線評価を実施した。

 その結果、投与開始初期には、痛みと活動性についてのアナログスケール、圧痛・腫脹関節数、ADLスコア、朝のこわばり、CRP値、赤沈(ESR)値のすべてが大きく改善した。その後のフォローアップ期間中もCRPとESRは順調な減少が続いたが、他の項目はおおむね、緩やかな改善にとどまった。

 ところが、所見や症状が改善し続けたにもかかわらず、X線評価による骨びらんと関節裂隙狭小化は期間中、進行し続け、本研究におけるMTX治療では、骨破壊を食い止められなかったことが分かった。