日本リウマチ学会ダイジェストで4月27日に最も注目を集めた記事は、「こんな女性患者が骨折リスク高い」でした。

 この記事は、リウマチ学会のシンポジウム「続発性骨粗鬆症の病態と治療」の中で、東京女子医大附属膠原病リウマチ痛風センター講師の古谷武文氏らが発表した研究成果を速報したものです。

 この記事を含め、以下の記事が27日のベスト5でした。どうぞご覧ください。

第1位 こんな女性患者が骨折リスク高い
第2位 新規経口リウマチ薬候補が好結果
第3位 発症3年以内の早期関節リウマチ患者にインフリキシマブを用いることで、高率に寛解導入できる
第4位 肺高血圧症のBPS治療は6カ月がめど
第5位 トシリズマブが今週末にも申請へ