岡山大学病院超音波診断センターの麻植浩樹氏

 ロサルタン/ヒドロクロロチアジドHCTZ)合剤による強化降圧療法は、より多くの合併症を有する冠動脈疾患(CAD)合併高血圧患者においても有用な治療法であることが明らかになった。ただし左室拡張能の改善作用については、CAD合併のない患者の方がより効果が高い可能性が示された。多施設共同研究EDENのサブ解析から明らかになったもので、9月23日から25日まで神戸市で開催された日本心臓病学会JCC2011)において、岡山大学病院超音波診断センターの麻植浩樹氏が報告した。

 EDEN(The Effect of a combination of angiotensin receptor blocker and DiurEtics on left ventricular diastolic fuNction in hypertensive patients)は、拡張不全を合併する高血圧患者に対するロサルタン/HCTZ合剤の有用性と忍容性を検討するために行われた多施設共同研究。4週間以上のアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)またはACE阻害薬を含む降圧治療にもかかわらず、日本高血圧学会の高血圧治療ガイドライン(JSH2004)の降圧目標値未達成の、拡張不全(左室駆出率[LVEF]が50%超で、僧帽弁輪速度(e’)が8cm/秒未満またはE/e’比が15超)を伴う高血圧患者を対象として行われた。

 既に、ARBまたはACE阻害薬をロサルタン/HCTZ合剤に切り替えることによって、強力な降圧効果と左室拡張能の改善が得られることなどが報告されている。今回、CAD合併の有無がロサルタン/HCTZ合剤の有効性に影響を与えるかどうかを検討したサブ解析の結果が報告された。

 ベースライン時において、対象患者367人のうち95人(26%)がCADを合併していた(CAD群、内訳は心筋梗塞21人、狭心症74人)。CAD合併のない患者は272人(74%)だった(非CAD群)。CAD群では年齢が高く(70±9歳 vs. 67±10歳、p=0.0021)、糖尿病、脂質異常症、慢性腎疾患(CKD)を合併している患者が有意に多かった(それぞれ、p=0.0018、p=0.015、p<0.0001)。

 また収縮期血圧(SBP:152±19mmHg vs. 157±16mmHg、p=0.0029)、拡張期血圧(DBP:83±12mmHg vs. 89±13mmHg、p<0.0001)ともにCAD群で有意に低かった。

 切り替え前のRA系阻害薬の内訳は、両群間で差は認められなかった。試験期間中の併用薬については、CAD群でスタチン(51人 53.7% vs. 64人 23.5%、p<0.0001)、抗血小板薬(44人 46.3% vs. 18人 6.6%、p<0.0001)、血糖降下薬(23人 24.2% vs. 26人 9.6%、p=0.0003)の投与が有意に多かった。β遮断薬については、差を認めなかった。

 ベースライン時の左室の拡張末期径、収縮末期径、LVEF、左室心筋重量、左房容積ともに両群間に差は認められなかった。ドップラー検査ではCAD群でDcTが有意に高く(255msec vs. 232msec、p=0.0009)、e’(5.3cm vs. 5.6cm、p=0.025)、s’(6.9cm vs. 8.0cm、p=0.001)が有意に低かった。E/e’比は有意差がなかった。

 RA系阻害薬からロサルタン/HCTZ合剤に切り替えて24週間治療した結果、SBP、DBPは両群ともに有意な低下が認められた(p<0.0001)。

 24週後の左室心筋重量は、両群ともに有意に低下を認め(p<0.0001)、左房容積係数(LA Volume index)も有意な低下を認めたが(CAD群:p=0.0003、非CAD群:p<0.0001)、CADの有無による差は認められなかった。左室拡張能指標については、両群ともにe’が有意に上昇し(CAD群:p=0.0021、非CAD群:p<0.0001)、E/e’比が有意に低下したが(CAD群:p=0.0006、非CAD群:p<0.0001)、非CAD群でより改善効果が高いことが明らかになった(e’:p<0.0001、E/e’比:p=0.0036)。

 これらの結果から麻植氏は、「より多くの合併症を有するCAD合併高血圧患者においても、ロサルタン/HCTZ合剤による強化降圧療法は有用であることが示唆された。ただし左室拡張能の改善作用については、CAD非合併患者でより大きい可能性がある」と結論した。

(日経メディカル別冊編集)