罹患数が今後も増加することが予測されている乳癌は、高頻度かつ選択的に骨に転移する。骨転移のメカニズムの解明が進展してきた。

 9月26日、27日に大阪市で開催された第16回日本乳癌学会学術総会では、大阪大学大学院歯学研究科生化学講座教授でテキサス大学サンアントニオ校医学部内分泌代謝部門客員教授も務める米田俊之氏が「骨環境と乳がん」と題して教育講演を行い、解明されつつある骨転移のメカニズムを解説した。

続きはこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

【アンケート】この記事はいかがでしたか。


 あなたにとって、この記事は役に立ちましたか。

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  
 役に立たなかった ← ←               → → 非常に役に立った

 この記事に対するご意見をご自由にお書きください。

 あなたのご職業を教えてください。
医師   薬剤師   看護師   技師   製薬企業関係者   その他

→ → →

【注意】ボタンをクリックした後にログイン画面が表示された場合には、お手数ですが、ログインした後に再度、この画面に戻って送信してください。