タマネギエキスを継続して摂取することで、食後の血管内皮機能が改善することが示された。広島大学の東幸仁氏とハウス食品の共同研究の成果で、ハウス食品の中山英樹氏らが7月19、20日と福岡で開催された第44回日本動脈硬化学会(JAS2012)で報告した。

 対象は23人の健康男性(うち1人は水の代わりにミルクでタマネギエキスを摂取していたことから今回の解析からは除外)。平均年齢は44±10歳で、空腹時血糖値(FPG)は91.7±7.5mg/dL、身長は1.72±5.7m、体重はエキス摂取前が68.4±8.2kg、摂取後が68.4±7.8kg、BMIは摂取前が23.0±2.1kg/m2、摂取後が23.0±2.0kg/m2だった。

 被験者には、ケルセチン51mgおよびシクロアリイン46mgを含むタマネギエキス粉末4.3gを1カ月間、毎日摂取してもらった。その上で、継続摂取の前後で空腹時あるいは食後の血管内皮機能を比較した。比較にはFMD(Flow-Mediated Dilation)値を指標として用いた。空腹時のFMD値は、少なくとも12時間のオーバーナイト絶食後に測定した。また食後のFMD値は、空腹時FMD値の測定から5分後に、75g麦芽糖水溶液を摂取し、それから1時間後に測定した。

 その結果、空腹時FMD値は摂取前後で、有意差には至らなかったが改善傾向を認めた(6.4±2.7%から7.2±2.7%、P=0.069)。一方、食後FMD値は、摂取前の5.1±2.2%が摂取後には6.7±2.6%へと有意に改善した(P=0.00015)。

 演者らはこれらの結果から、ケルセチンを含む濃縮タマネギエキスの摂取は健康人の血管内皮機能を改善する効果が期待できると結論した。

(日経メディカル別冊編集)

■訂正
・7月25日を以下の訂正しました。
 ハウス食品の中山氏のお名前が間違っておりました。ただしくは、中山英樹氏でした。お詫びして訂正します。またFMDのスペルを修正し、「オーバーナイト後」を「オーバーナイト絶食後」と修正しました。