東京大学循環器内科の坂本愛子氏

 体重の減少による血清HDLコレステロールHDL-C)値やトリグリセリドTG)値の改善は、コーヒーを摂取していると、より効果的である可能性が示された。東京大学循環器内科坂本愛子氏らが、7月19日から福岡で開催中の第44回日本動脈硬化学会(JAS2012)で発表した。

 コーヒーの摂取は脂質代謝に影響を及ぼすと言われている。しかし、体重減少が脂質代謝パラメーターに及ぼす影響が、コーヒー摂取によって変化するか否かについては明らかになっていないため、今回検討を行った。

 検討では、2007年から2009年までの2年間連続で人間ドックを受診した1268人(うち男性829人)を登録した。コーヒーの摂取量は、1日0杯の人が23.0%、1〜2杯が60.1%、3〜4杯が14.5%、5杯以上が2.4%だった。初回受診時の対象者の背景をコーヒーの摂取量別に比較すると、コーヒーを摂取している方が若かった。一方、BMI、腹囲、ALT、脂質値などに有意差はなかった。今回の検討では、コーヒーを1日1杯以上飲む習慣があった77.0%を摂取群、飲む習慣のない23.0%を非摂取群とした。

 さらに摂取群と非摂取群のそれぞれで、BMIの年間変化率を表す「%dBMI(=[翌年受診時のBMI−初回受診時のBMI]÷初回受診時のBMI×100)」で、−16.8%〜−1.4%をQ1、−1.4%〜0.4%をQ2、0.4%〜1.9%をQ3、1.9%〜13.9%をQ4と、対象を4分位に分けて比較検討した。

 その結果、摂取群では、体重(BMI)の減少に伴い、有意にHDL-C値が改善していた(Q1はQ2に対しP<0.01、Q3、Q4に対しP<0.001)。一方、非摂取群では、4群間にHDL-Cの増加量に有意な差はなかった。

 横軸に%dBMI、縦軸に各脂質代謝パラメーターの年間変化率(%dLDL-C、%dHDL-C、%dTG)をとり、受診者のデータをプロットしたところ、%dLDL-Cと%dTGは摂取群、非摂取群とも有意な相関が見られたが、%dHDL-Cは摂取群のみ有意に相関していた。また、線形回帰分析において、%dHDL-Cと%dTGに対する%dBMIの回帰直線の傾きは摂取群の方が非摂取群よりも有意に大きかった(順に、P<0.001、P=0.029)。

 坂本氏はこれらの結果を踏まえ、「1年間の体重(BMI)低下に伴うHDL-C値とTG値の改善効果に対し、コーヒーの摂取が良い影響を与えることが示唆された」と結論した。

(日経メディカル別冊編集)