主任研究者である立川病院院長の篠原幸人氏

 脳梗塞患者の脳卒中再発予防における抗血小板薬シロスタゾールの有用性を世界で最もよく使用されているアスピリンと比較検討した大規模臨床試験CSPSCilostazol Stroke Prevention Study)IIの結果が発表された。シロスタゾールのアスピリンに対する非劣性が証明されたばかりか、シロスタゾール投与群で脳卒中再発リスクが26%有意に低下し、出血リスクが54%有意に低下するなど、その有効性および安全性が明らかになった。成果は、主任研究者である立川病院院長の篠原幸人氏(写真)が、2月24日から26日まで米サンアントニオで開催された国際脳卒中学会ISC2010)のLate-Breaking Science Sessionで発表した。

 CSPS IIは日本で実施された試験であり、日本人のエビデンス構築に寄与することが期待されてきた。発症後26週以内の非心原性脳梗塞患者2757人をシロスタゾール(100mgを1日2回投与)またはアスピリン(81mgを1日1回投与)による治療にdouble-dummy法を用いて無作為割付し、1〜5年間治療を継続、脳卒中発症に対する抑制効果および安全性を比較した。

 CSPS IIの目的は、脳梗塞患者の脳卒中再発予防におけるシロスタゾールのアスピリンに対する非劣性を検証し、さらにその有効性および安全性を評価すること。非劣性についてはあらかじめ、シロスタゾールのアスピリンに対する脳卒中再発ハザード比の95%信頼区間上限値が1.33以下の場合と定義した。設定された条件に該当する非心原性脳梗塞患者2757人がいずれかに無作為割付され、二重盲検法により経過が観察された。中止例、脱落例などが除かれ、最終解析の対象となったのは2672例(シロスタゾール群1337例、アスピリン群1335例)だった。

 試験の結果、全治療期間はシロスタゾール群が2965.9人・年、アスピリン群が3203.6人・年であった。観察期間中に主要評価項目の脳卒中(脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血)はシロスタゾール群で82例、アスピリン群で119例発生した。主要評価項目のハザード比は0.743(95%信頼区間:0.564-0.981、p=0.0357)であり、シロスタゾールのアスピリンに対する非劣性が証明された。

 さらに重要なのは、シロスタゾール群の脳卒中再発率はアスピリン群に比べ有意に低いことが証明された点(RRR=26%)。また、副次的評価項目として検討した中で、脳卒中、TIA、狭心症、心筋梗塞、心不全、入院を要する出血などの複合エンドポイントの発生が、シロスタゾール群で有意に少なかった(p=0.0437)。

 出血性イベントとしては、脳出血、クモ膜下出血および入院を要する出血性障害の発症を評価。発症例数はシロスタゾール群23例(年間発症率0.77%)、アスピリン群57例(同1.78%)、ハザード比は0.458(95%信頼区間;0.296-0.711、p=0.0004)となり、出血リスクはシロスタゾールにより54%有意に低下した。

 出血以外の有害事象で両群の頻度に有意差が認められたのは、頭痛(シロスタゾール群23.4%、アスピリン群16.3%、p<0.001)、下痢(12.3%、6.4%、p<0.001)、動悸(11.7%、5.3%、p<0.001)、めまい(9.6%、7.3%、p=0.03)、頻脈(6.7%、1.6%、p<0.001)、高血圧(9.0%、13.9%、p<0.001)、便秘(8.2%、11.6%、p=0.003)であった。

 以上の成績から、シロスタゾールのアスピリンに対する非劣性が証明されたばかりでなく、シロスタゾールにより脳卒中再発が有意に抑制され、さらに出血リスクも低かったことから、篠原氏は、「シロスタゾールは非心原性脳梗塞患者の治療における第1選択薬の1つとして評価できる」との見解を示した。

(日経メディカル別冊編集)