急性脳梗塞の患者に対するアルブミン療法は、安全で効果的であるとする報告があった。韓国Ajou大学のDong Hoon Shin氏(写真)らが2月16日、セッション「Acute Management」で発表した。

 脳卒中発作に対して、現在、利用可能な専門的治療法は、血栓溶解療法が代表的である。しかし、実際に臨床現場で行う場合は、治療濃度域が狭いことや副作用のために制限されることが少なくない。ところが最近、動物実験において、アルブミン療法が脳卒中発作に有益な効果を持つことが明らかになった。そこで研究グループは、急性脳梗塞の症例でアルブミン療法を試み、臨床経過と神経細胞の欠損状況を前向きに評価・検討した。

 対象は、2004年8月から2005年6月の間に、中大脳動脈領域内の脳梗塞を起こした45症例(非ラクナ梗塞)。アルブミン療法を実施したのは29例で、発作後12時間以内に、8例にはアルブミン0.63g/kgを2時間で、12例にはアルブミン1.25g/kgを4時間で、それぞれ静注した。残りの9例は、発作後12〜24時間以内に、アルブミン1.25g/kgを4時間で静注した。16例は対照群とし、食塩水の注射を行った。

 研究では、発作後3カ月間にわたって、神経細胞の欠損の変化あるいは機能改善などについて、グループ間で比較検討した。脳の画像検査を実施し、発作後72〜96時間に脳梗塞の損傷領域を測定し、発作直後の損傷領域からの変化率を求めた。

 試験の結果、3カ月間に、アルブミン療法に関係した副作用は認められなかったという。また、アルブミン療法を実施したグループの方が、対照群より、早期の臨床経過が良かった。たとえば、治療開始から14日目に測定した米国立衛生研究所の脳卒中スコア (NIHSS)と治療開始時のスコアと差は、対照群がマイナス1.14だったが、アルブミン療法群ではマイナス4.42で、アルブミン療法群の方が優位に減少(状態が回復)していた(p=0.003)。

 発作後3カ月での、患者予後を評価するModified Rankinスコア、ADL評価法の1つであるBarthel indexの変化を見たところ、アルブミン療法群ではマイナス1.58とプラス39.6だったのに対し、対照群ではそれぞれマイナス0.43、プラス17.3だった。

 加えて、脳梗塞の損傷領域の変化率は、対照群が66.62%だったのに対し、アルブミン療法群が24.96%と著しく小さくなっていた。なお、アルブミン療法の効果は、投与量と発作から投与までの時間の影響を受けていた。アルブミン0.63g/kg静注グループよりもアルブミン1.25g/kg静注グループの方が効果が高く、また、同じアルブミン1.25g/kg静注でも、発作から12時間以内に静注した方が12〜24時間以内の静注より効果が高かった。

 研究グループは、「急性脳梗塞の患者に対するアルブミン療法は、安全で効果的である」とし、「発作から治療までの時間帯が広いという特徴もある」と臨床上のメリットも強調していた。