英国University of NottinghamのWeiya Zhang氏

 変形性膝関節症膝OA)の診断に関する欧州リウマチ学会EULAR)のリコメンデーションが発表された。画像所見がなくても、3つの症状と3つの臨床所見により、膝OAと判断できるとしているのが特徴だ。英国University of NottinghamのWeiya Zhang氏が6月10日から13日までデンマーク・コペンハーゲンで開催された第10回欧州リウマチ学会・年次集会(EULAR2009)で発表した。

 今回発表された膝OAの診断に関するリコメンデーションは、欧州12カ国から17人の専門家が集結したEULAR ESCCA OA Task Forceにより作成された。1950年から2008年1月までに発表された関連する論文を基に作成されている。

 40歳以上で、使用時の膝の痛み、朝の関節のこわばり、機能の制限という症状に加え、臨床所見として、捻髪音、動作の制限、骨の拡張が認められた場合には膝OAと診断できるとしている。

 この3つの症状+3つの臨床所見による膝OAの診断は、英国とオランダの集団を用いたモデルによって有用性の確認も行われているという。モデルを用いた解析では、これらの症状と臨床所見数の増加とともに、膝OAである確率は増加し、すべての条件を満たす患者では、膝OAである確率は99%だった。

 また、リコメンデーションでは、膝OAのリスク因子は、膝OAの診断にも有用とした。膝OAのリスク因子としては、女性、50歳以上、肥満/過体重、関節損傷の既往、関節弛緩、職業もしくはリクリエーションとしての使用頻度、家族歴、ヘーバーデン結節を挙げている。