ESCは8月30日、ホームーページに「急性肺動脈塞栓症の診断と管理のガイドライン」を掲載した。急性肺動脈塞栓症の診断にはじまり、予後の評価や治療法、さらには特異的状況に対処するための管理面で現在有効とされる方法を集約したもの。

図1 「Guidelines on the diagnosis and management of Acute Pulmonary Embolism」のダウンロード画面

 現在掲載されている画面は、http://www.escardio.org/guidelines-surveys/esc-guidelines/Pages/acute-pulmonary-embolism.aspx(図1)。全文が1MB、関連資料が54KBのpdfファイルで掲載されている。ダウンロードも可能であり、関心のある方は直ちに入手してみてはいかがだろうか。