デンマークAarhus University HospitalのJens S Christiansen氏

 アジア人2型糖尿病患者においても、持効型溶解インスリンアナログ製剤であるインスリン デグルデク(以下、デグルデク)と超速効型インスリンアナログ製剤のインスリン アスパルト(以下、アスパルト)を7対3で配合した配合製剤(以下、IDegAsp)は、これまで使われていた二相性製剤に比べ、空腹時血糖値の改善やインスリン投与量減少などの点で優れていることが判明した。9月23〜27日にバルセロナで開催された欧州糖尿病学会(EASD2013)において、デンマークAarhus University HospitalのJens S Christiansen氏らが報告した。

 アジア人の2型糖尿病は、欧米人に比べより若年かつ低いBMIでも発症・進展するといった差が見られ、インスリン抵抗性も異なる可能性がある。そこでIDegAspの第3相試験の1つとして、アジア人を対象とした試験が行われた。

 試験は5カ国(香港、日本、マレーシア、韓国、台湾)45施設からなる、無作為割り付け、非盲検、並行群間比較試験。試験期間は26週で、空腹時血糖値が目標値となるようあらかじめ定められたアルゴリズムに従ってインスリン投与量を調整する、treat-to-target法で行われた。対照薬は、中間型プロタミン結晶性インスリンとアスパルトを7対3の割合で配合した二相性インスリン製剤(以下、BIAsp30)とした。

 対象は、前治療として、メトホルミンの併用または非併用で、混合型インスリンまたは基礎インスリンの1日1〜2回投与を少なくとも3カ月以上継続していた、血糖コントロールが不十分なアジア人の2型糖尿病患者。年齢18歳以上(日本と台湾は20歳以上)、糖尿病罹病期間6カ月以上、BMI 35kg/m2以下、HbA1c値7.0〜10.0%の患者を登録した。

 IDegAsp群(282例)またはBIAsp 30群(142例)に2対1で割り付けた。両群ともインスリン製剤は朝食前と夕食前の1日2回の投与で、直近3日間の朝食前および夕食前の血糖自己測定(SMBG)の平均値が4〜5mmol/Lになるよう、投与量を調節した。

 主要評価項目は26週時のベースラインからのHbA1cの変化量とし、両群の変化量の差が0.4%を超えなければ、IDegAspがBIAsp 30に対して非劣性とした。副次評価項目は、空腹時血糖、1日9定点の血糖自己測定(SMBG)平均値、および体重の変化などとした。安全性は、有害事象、インスリン投与量の変化、低血糖エピソードの回数、身体所見などで評価した。

 試験開始時の性別、年齢、体重、BMI、糖尿病罹病期間、HbA1c、空腹時血糖、前治療のインスリンの種類、メトホルミンの併用の有無などの患者背景に、両群間で差はなかった。インド系アジア人と非インド系アジア人の割合にも差はなかったが、多くは日本人と韓国人だった。

 HbA1cは、IDegAsp群ではベースラインの8.4%から7.1%に、BIAsp 30群では8.4%から7.0%に、それぞれ良好に低下した。BIAsp 30群に対するIDegAsp群の推定変化量の差は0.05%(95%信頼区間[CI]:−0.10〜0.20)と0.4%以内だったため、IDegAspの非劣性が認められた。IDegAsp群の21.9%、BIAsp 30の13.2%が、低血糖を発現せずにHbA1c値7%未満を達成した。

 空腹時血糖は、IDegAsp群では7.9 mmol/Lから5.4 mmol/Lに、BIAsp 30群では7.9 mmol/Lから6.5 mmol/Lに低下した。BIAsp 30群に対するIDegAsp群の推定変化量の差は−1.06 mmol/L(95%CI:−1.43〜−0.70、P<0.001)で、IDegAsp群の改善度が有意に大きかった。

 9点血糖値プロファイル(SMBG)や体重の変化は両群間に差はなかった。26週時のインスリン投与量は、IDegAsp群が0.79 U/kg、BIAsp 30群が0.99 U/kgで、IDegAsp群が有意に少なかった(P<0.0001)。

 すべての低血糖は、IDegAsp群の73.5%(9.6回/患者・年)、BIAsp 30群の75.9%(9.5回/患者・年)に認めた(有意差なし)。夜間低血糖の発現率に有意差は見られなかったが、IDegAsp群1.1回/患者・年、BIAsp 30群1.6回/患者・年となり、IDegAsp群がリスク比0.67(95%CI:0.43-1.06)で少ない傾向にあった。重大な低血糖の患者当たりの年間発現件数は、IDegAsp群0.05回/患者・年、BIAsp 30群0.03回/患者・年と両群ともに少なく、差はなかった。

 両群の有害事象の発生率に差はなく、ほとんどが軽度から中等度だった。重度の有害事象は、IDegAsp群で23例(8.2%)、BIAsp 30群で12例(8.5%)それぞれ報告された。

 Christiansen氏は、「IDegAspはアジア人においても、空腹時血糖値の改善やインスリン投与量の減少でBIAsp 30に勝る可能性があり、夜間低血糖の発現リスクも少ない傾向を認めた」と結論した。