オランダのマーストリヒト大学メディカル・センターのJ.W.M. Nin氏

 1型糖尿病において、血清AGEs終末糖化産物)が血管イベントの発生や総死亡率の独立したリスク因子である可能性が示された。1993年から2006年までの、平均約12年の追跡研究で明らかになった。9月20日から24日までスウェーデンのストックホルムで開催されている第46回欧州糖尿病学会EASD2010)で、オランダのマーストリヒト大学メディカル・センターのJ.W.M. Nin氏(写真)が報告した。

 糖と蛋白質が反応して生成される物質である終末糖化産物(AGEs;advanced glycation endproducts)は、活性酸素を産生することにより糖尿病の合併症を引き起こす可能性があるとされている。J.W.M. Nin氏らは、AGEsが、病態生理学的に高血糖と血管合併症の進行を結び付ける要素であるかを明らかにするために、1型糖尿病の患者を対象に、血症AGEsと心血管疾患(CVD)および総死亡率との関係を調べた。

 対象は、CVDの経験がない1型の糖尿病腎症の患者169人と、1型の糖尿病で正常アルブミン尿の患者170人(うち男性205人、平均年齢41±10歳)で、前向きに観察した。

 AGEsのスコアは、Nε-(カルボキシメチル)リジン(CEL)、Nε-(カルボキシエチル)リジン(CML)、ペントシジンのそれぞれのzスコアの平均値とした。追跡期間中央値は12.3年であった。AGEsと心血管疾患およびAGEsと総死亡率の関係はコックス回帰分析した。

 追跡期間中、82人(24.2%)が死亡し、85人(25.1%)にCVDが発生した。また、3人は追跡できなくなった。心血管疾患は12.3年の観察期間中26人/1000人/年。総死亡は12.6年の観察期間中21人/1000人/年だった。

 CVDを発症した患者と発症しなかった患者では、年齢、糖尿病の罹病年数、腎障害の有無、HbA1c、コレステロール、平均血圧などに有意差はなかった。そこでデータについて、年齢やHbA1c、平均血圧、喫煙習慣、総コレステロール、腎機能など、従来から指摘されているCVDリスク因子について補正を行った。その結果、心血管疾患の罹患率および死亡率と総死亡率は、従来から言われているCVDリスク因子とは無関係に、AGEsのベースラインレベルが高いほど増加した。AGEsスコアが1 SD増えるごとに、それぞれハザード比(HR)は1.30(95%信頼区間1.02〜1.65)、1.29(95%信頼区間1.01〜1.65)だった。

 ハザード比は、推定糸球体濾過率(eGFR)、軽度の炎症、動脈壁の硬化で調整しても、それぞれ1.16(95%信頼区間0.89〜1.51)、1.19(95%信頼区間0.90〜1.57)だった。AGEsが高い患者では、AGEsの値はベースラインのeGFRと逆相関しておりeGFRが低く腎機能が悪い人ほど、AGEsは高かった(標準化回帰係数=-0.29、95%信頼区間:-0.38〜-0.20)。

 このことから、J.W.M. Nin氏は、「血清AGEs値が高いことは、年齢やHbA1c、平均血圧、喫煙習慣、総コレステロール、腎機能などとは独立したCVDのリスク因子である可能性がある。また、腎機能や血管内皮の障害、炎症、血圧とも完全に独立したリスク因子と考えられる」などと考察した。

(日経メディカル別冊編集)