2型糖尿病患者におけるインスリン治療開始後の直接費用の実態が報告された。欧州で行われた前向き観察研究であるINSTIGATE試験で明らかになったもので、英国ジェームズクック大学病院のS.Jones氏らが、9月29日から10月2日までオーストリア・ウイーンで開催されている第45回欧州糖尿病学会EASD 2009)で発表した。

 INSTIGATE試験は、通常の治療としてインスリン療法を開始した2型糖尿病患者を対象に、治療にかかる直接費用を評価することを目的に実施された。今回は、ドイツ、ギリシャ、スペインから収集された24カ月までの追跡データの解析結果が報告された。

 糖尿病治療の直接費用は、各国における単位費用(2006年時点)を元に計算した。個々の患者ごとに、糖尿病薬の服用、血糖値のモニタリング、受診の間隔、医療従事者との連絡、および糖尿病に関係した入院などに関してデータを収集した。インスリン療法開始前の6カ月をベースラインとし、開始後6カ月ごとの費用とその間の治療手段などについて検討した。

 試験には、ドイツ256人、ギリシャ263人、スペイン207人の計726人の患者が参加した。564人(ドイツ155人、ギリシャ237人、スペイン172人)は少なくとも12カ月の診察を受け、498人(ドイツ119人、ギリシャ227人、スペイン152人)は24カ月まで追跡された。

 糖尿病治療にかかわる直接費用の動向をみると、3カ国とも、直接費用合計の中央値および平均値はインスリン療法開始後の最初の6カ月で上昇したが、その後は減少して24カ月時点まで安定していた。

 国別にみると、ギリシャとスペインでは、費用の中央値はベースラインレベルあたりまで下がった。ギリシャではベースラインで400ユーロほどだったが、最初の6カ月間は600ユーロ近くまで上昇した。その後は、12カ月時点で400ユーロレベルに下がり、18カ月時点で500ユーロ、24カ月時点で500ユーロ弱と推移した。スペインでは、ベースラインで500ユーロほどだったが、最初の6カ月間は700ユーロまで上昇した。その後は、12カ月時点で500ユーロレベルに下がり、18カ月時点、24カ月時点とも500ユーロレベルで推移した。

 ドイツでは、費用の中央値はインスリン療法開始前よりも高いまま推移した。ベースラインでは400ユーロレベルだったが、最初の6カ月時点で900ユーロ近くまで上昇した。その後も、12カ月時点で800ユーロレベルまでしか下がらず、18カ月時点、24カ月時点とも800ユーロ水準のまま推移していた。

 こうした違いは、各国の治療内容を反映していた。ドイツでは、より徹底したインスリン療法、たとえば6カ月時点で79%(119/151)の患者が食事を基本とした療法が処方され、1日に平均3.4回のインスリン注射が行われていた。一方、ギリシャとスペインでは6カ月時点で、それぞれ78%(185/237)と88%(152/172)の患者に基礎注射のみ、あるいは混合注射のみが処方され、一日平均の注射回数はギリシャで1.9回、スペインで1.4回だった。しかし、経口抗糖尿病薬の使用はドイツより多かった。なお、最初の24カ月にわたりインスリン療法の方法についてほとんど変更はなかった。

 直接費用の中で血糖値モニタリング費用の割合も高かった。インスリン療法開始前は、患者は1日に約1回血糖値のモニタリングを行っており、平均試験紙/週は、ドイツ8、ギリシア7、スペイン7だった。インスリン療法開始後は、ドイツで1日に3回とモニタリング回数が増加したが、他の2カ国ではほとんど変化がなかった。開始後6カ月時点の平均試験紙/週は、ドイツで21、ギリシアで8、スペインで8だった。開始後18カ月時点から24カ月時点ではドイツ21、ギリシア8、スペイン7だった。

 また、医療従事者との連絡(受診および電話の回数)の合計平均は、療法開始前の6カ月で、ドイツ12回、ギリシア8回、スペイン10回。一方、療法開始後6カ月時点では増加して、ドイツ15回、ギリシア10回、スペイン12回となった。その後は減少し、療法開始後18カ月時点から24カ月時点ではドイツ6回、ギリシア4回、スペイン7回であった。どの国においても、入院はまれだった。

 これらの結果から演者らは、国によって違いはあるものの、「糖尿病治療の直接費用は、治療開始後の最初の6カ月間は上昇するが、その後は減少し落ち着いていくことが分かった」と結論した。