写真1 David A. Karnofsky記念賞を受賞したRobert A. Kyle氏の功績をたたえるポスター

 米国臨床腫瘍学会(Gabriel N. Hortobagyi会長)は5月30日、2007年学会特別賞の受賞者を発表した。臨床医学、患者ケア、腫瘍学支援など各領域の発展に貢献した人を表彰するもので、米国ジョン・ホプキンズ大学医学部Sidney Kimmel Comprehensive Cancer CenterのMartin Abeloff氏をはじめ9人が受賞した。また、今回新たに設けられた功労賞には、400以上の臨床試験を支援しかつ50万人以上の患者の治療に貢献したことを評価し、米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が主導したがん共同研究グループを選出した。

 学会特別賞の受賞者は以下のとおり。

 優秀賞;Martin Abeloff氏(ジョン・ホプキンズ大学医学部Sidney Kimmel Comprehensive Cancer Center、米国)
 特別奨励賞;Charles M. Balch氏(ジョン・ホプキンズ大学医学部Sidney Kimmel Comprehensive Cancer Center、米国)
 B.J. Kennedy賞;Lodovico Balducci氏(南フロリダ大学医学部、米国)
 小児腫瘍学賞;Sarah S. Donaldson氏(スタンフォード大学医学部、米国)
 腫瘍科学賞;Napoleone Ferrara氏(ジェネンテック社、米国)
 David A. Karnofsky記念賞;Robert A. Kyle氏(メイヨークリニック、米国)
 パートナー賞;Evelyn H. Lauder氏(乳がん研究財団、米国)
 米国がん学会賞;Scott M. Lippman氏(テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター、米国)
 公共サービス賞;Arlen Specter氏(上院議員、米国)
 功労賞;米国国立がん研究所(National Cancer Institute)が主導したがん共同研究グループ